フリーランスになってみると、「仕事に対する満足度」が格段に違う

職業:DTPデザイン、イラストレーター、漫画家
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
GEEKLY(ギークリー)

詳細

ワークポート

詳細

レバテックキャリア

詳細

フリーランスは全てが自分の責任

会社員の時と比べて、フリーランスはやはり凄く大変に感じます。営業も自分でやらないといけないし、経費管理、時間管理、仕事の作業管理、全て自分の責任で仕事をしないといけないので、本当に大変だと実感しています。

収入も安定しないし、仕事の入り方が月によってバラバラです。収入面でかなりの不安を感じたりするので、自信がない状況での独立は結構危険な行為なので、自信がつくまでは勉強を重ねた方がいいのではと思います。

**************************** フリーランスのデザイナー・エンジニアの求人情報が集まるサイト 画像リンクはいります ****************************

フリーランスのデメリットに感じる一番大きなものが上に挙げたものが、一番大きくて、その他の面で言えば、時間の管理がかなり大変です。自宅が仕事場を兼ねているので、朝起きる時間も適当なら、終わる時間も適当。終日自分のペースで仕事を進める事ができるので、気がつけばお昼も食べずに夜までなんて言う事も多々あります。

時間の管理をしっかりできていないと、労働時間がとてつもなく長くなってしまい、10時間、15時間とかざらにしてしまったりします。こんな仕事の仕方をしていたら身体が持ちませんよね。

経費管理など、お金の管理が大変

次に感じたデメリットはお金の管理です。デザインと言う職業柄、芸術面の分野は得意なのですが、金銭管理や数字が人より苦手。どれが経費でどれが自分の使えるお金なのか、ほんとに区別がつきにくい。

この辺りがいい加減だと、後々いろんな事に響いてくるのではないかと内心ビクビクしています。フリーランスでやっていく場合でも、経理は別の人がやった方がいいのではと、思いつつもなかなか行動に移せていません。

営業でお世辞を言うのが苦手

次に感じたデメリットは営業。デザインを生業にする方は営業が苦手な人が多いのではないかと勝手に思っているのですが、実際はどうなのでしょうか?私自身口べたでマイペースで生きている人間なので、営業スマイルなんかは特に苦手で、お世辞を言うのが苦手です。

どういう風に行動すれば仕事に結びつくのかが想像つかなかったりします。作品ファイルを出版社に送ってみてもただ返事を待つばかりで、ついつい消極的に行動してしまいがちです。もっと攻めないといけないのですが、苦手意識が出て来てしまって上手く回らないですね。

こんな事もあったなぁとか、これもそうだなぁとか、デメリットて挙げていけばほんとにキリがないですね。自分で書いててちょっと凹んでしまいました。そんなにしんどいならフリーランスになんかならないで、社員として働いていた方が楽なんじゃないの?って思われてしまいます。実際に自分でもその方がいいのかなぁとか感じたりもしています。

けれど、フリーランスってやっぱり楽しいんですよね。デメリットばかり挙げてたらどんどん落ちて行きそうなので、メリットを挙げて行きます。ここからが本題ですね。

**************************** フリーランスのデザイナー・エンジニアの求人情報が集まるサイト 画像リンクはいります ****************************

フリーランスの魅力は仕事の満足度

フリーランスでの最大の魅力はなんと言っても、仕事に対する満足度が格段に違います。会社員時代と比べても雲泥の差です。すべて自分のためにやっている仕事ですから、当然と言えば当然です。

自分はこれだけ仕事をこなせて、これだけの実績がありますと言う事が一目瞭然で、自分で営業をかける際の財産になりますし、今後生きて行くための糧にもなります。本当に会社での雇われ社員だった時には味わえなかった満足度です。これがフリーランスを辞められない理由なのではないかと思います。

人間関係のストレスがなく、気分が良い

自分一人なので人間関係でのストレスを感じずに済むし、上司もいなけりゃ部下もいない。自分一人だけの世界に没頭する事ができます。自宅が仕事場なので、家でどんな格好をしてようが、誰からも文句を言われないし、疲れたら今日の仕事は終了なんて事も自由です。

好きな音楽だってかけ放題だし、一日中気分良く仕事をする事ができます。フリーランスになってから、友達からなんか表情が生き生きしてるねなんて事も言われたりします。これは好きな事を仕事にしてるからこそ出て来た気持ちのゆとりの結果の表情なんでしょうね。

イラストの仕事の場合を挙げてみますが、ちっちゃなカットなどの仕事の場合だと名前は載らないので、あまり大きな評価はもらえず、大多数の中に紛れてしまいます。そういう仕事ばかりをしていたら将来性もあまり感じず、万が一フリーランスを辞めてしまった時、「あぁ、やっぱりフリーランスは自分に向いていなかったのだなぁ」って勝手に思い込んでしまいがちです。

やっぱ雇われていた方が楽だし安心だよな。そう思ってしまったら多分一生フリーランスの仕事に魅力を感じずに終わってしまいます。

**************************** フリーランスのデザイナー・エンジニアの求人情報が集まるサイト 画像リンクはいります ****************************

自分の名前で仕事ができるのが魅力

フリーランスのもう一つの魅力は、名前を売る事ができる事だと思います。会社単位ではなく個人での仕事なので、大きな仕事をすれば全て自分の評価になるので、大きな仕事を取りたい時には最大限の威力を発揮します。

いわゆる有名人になれるわけです。私なんかまだまだ駆け出しなのでえらそうな事は言えませんが、自分の名前で仕事ができると言うのに凄く魅力を感じます。

そういう仕事に夢を感じませんか?将来もっと大きくなるためなら、ちょっとした困難もささいな事に思えてきます。一度きりの人生、好きな事を生業にしていけば、人生はもっと開けていくのではないかと思います。上手く仕事に軌道を載せる事ができれば、フリーランスほど魅力的なものはないのではないかと思います。

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見れない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニア未経験の方から、キャリアアップを希望levtechcareerする方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

DODAITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級。転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」すれば、意外な企業からスカウトを受けとれる。経験豊富な専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

Forkwell

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはなく、指定した企業の閲覧もブロック可能。

関連記事

フリーランスになると「自分ですべてのことをしなくてはならない」

職業:SE 会社員をやっている時はフリーランスという言葉に憧れていましたが、実際にやってみるとそうはいかないことがいっぱいあることが分かりました。

孤独を感じやすいフリーランスは、良い協力者に巡り合えることが一番

職業:WEBデザイナー 私は現在夫婦でフリーランスのWEBデザイナーとして仕事をしています。私達が独立したのはまだバブルの煽りが残る時代です。まだインターネットが一般に普及した直後で、HPを持つと…

フリーランスになりたいのなら、人脈を開拓する力と顧客開拓するた…

この記事の目次大学卒業後にマスコミ業界に採用されたが、業務量と期待感がプレッシャーになり退職フリーランスは資金繰りに追われる。退職前にクレジットカードを作っておいたのが正解フリーランスは仕事をとるのが ...

フリーランスになって「意外性」「独自性」が出たと評価される/30…

デザインプロダクションで7年、IT系の企業で3年勤めたあとフリーランスとなりました。サラリーマンとしてのキャリアの当初は、紙媒体を専門とするグラフィックデザイナーをしていました。インターネットの普及に…

フリーランスは忙しく、責任も増えるが、その分人間的に成長できる

職業:webデザイナー 36歳

  1. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

  2. ワークポート

    IT業界に強い+IT業界以外の求人も豊富

    • 最新の転職市場情報が手に入る
    • 登録後に閲覧可能な非公開求人多数あり
    • 無料乗降できるセミナー多数開催
    • オリジナルのシステム(eコンシェル)を登録者全員に提供

    ワークポートの登録・詳細はこちら

  3. レバテックキャリア

    4000社以上‼業界トップクラスの紹介求人数

    • 4000社以上‼業界トップクラスの紹介求人数
    • IT・Web系エンジニア・クリエイター専門のキャリアコンサルタントが担当
    • プロダクトマネージャーとも頻繁にMTG
    • 現場の雰囲気や特徴まで詳しい情報公開
    • 極秘プロジェクトや専門職求人が多数

    レバテックキャリアの登録・詳細はこちら

最新記事