医師のキャリアアップを考えてみる時期は40代がチャンス!

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
m3キャリア
エージェント

詳細を見る

リクルートドクターズキャリア

詳細を見る

マイナビDOCTOR

詳細を見る

40代の医師は転職の好機!

病院で働く医師として40代ともなれば、医者としての技術向上や勤務医としての実績が増え、医療現場の中心人物となって仕事に責任を持てるようになります。さらに指導医として若手の育成を行う立場になってくると、次は自分自身のキャリアアップを考える時期になります。同じ経験年数を経た仲間が医院を開業していたり、重要な役職についたり、勤めている病院を換えて大きく給与がアップするのを今まで何度も見てきたでしょうか。今の職場に満足を感じていないと気づいたら、そろそろ給料や待遇、福利厚生などを真剣に考え直す時期が来たと思っていいでしょう。

医師は転職によって、大きく年収をアップさせることが可能です。さらに環境が変化することで、今までとは違う経験も積むことが出来ます。

40代医師の年収比較

それでは、40代というのは職業の違いや立場の違いによって、年収の差がどのくらいあるのか比較してみましょう。

厚生労働省の平成26年度のデータによると、すべての男性医師の平均年収は1,238万円であり、男性弁護士は1,057万円、男性パイロットの場合だと1,712万円となっています。日本の男性サラリーマンの平均的給与の一番多い収入分布は、年収300~400万円台という結果からみると、かなりこれらの職業の収入は多くなっています。医師の場合、一般病院の40代の勤務医クラスの平均年収はおよそ1,200万円だとされていますが、診療部長や医科長などの役職についていると、平均年齢45歳で1,500万円が相場になってきます。さらに上の副医院長クラスになれば1,600万円、医院長で1,800円程度が相場となります。

開業医ともなれば年収はさらにアップし、およそ2,500万円から3,000万円になります。しかし、開業には医療器材などのローンを多額に抱えることになり、ローン返済などがかなり大変です。開業医の場合は、ローンの返済が終わってからが大きな収入が見込めます。

開業医の場合、小規模の診療所から大きなクリニックまで幅広くありますが、病院勤務と違って診療科目によって平均年収に差が生じます。高額なのが眼科でおよそ平均3,500万円、続いて小児科で平均3,300万円です。逆に低いのが外科の平均1,400万円になります。給与にこのような倍以上の差が生じる原因としては、1日あたりに診る患者数の違いが年収にダイレクトに関係してきていると言えます。同じ外科医でも美容外科などの場合は、診療の多くが自由診療であるため、患者あたりの単価が高くかなりの収入が見込まれます。このように診療科目によって差が生じるのを少しでも緩和させるために、中には複数の診療科を掲げる医院もあります。

日本の病院の場合は、診療科によって医師の年収の差が大きいという事はあまりありません。ですが科を維持するためにも医師の補充がどうしても必要な病院の場合、数の少ない産婦人科、小児科、麻酔科、外科などの医師が必須となり、高額給与を提示して募集を行うことは多々あります。また、過疎化で悩んでいる地域や離島などの診療所の医者の需要は高く、若手医師でも2,000万円程度の高額報酬で呼ばれることもあります。経験と実績のある40代の医師ならばさらに倍額でオファーが来るケースもあります。

今後のキャリアのために出来ることとは?

同じ40代の医師でも、立場が違えば大きく年収に差が出るということを理解できたでしょうか?そこで、現在の自分の年収や立場は満足の出来るものかどうかを冷静に見つめ直してみて下さい。このままずっと同じ病院の勤務医として働いていくとすると、同世代の医師と比べてキャリアで劣ることはないだろうか、今後の年収は満足のいくものだろうかと、自分の人生の今後何十年かをシュミレーションしてみるといいでしょう。

もし、現状に不満があるのなら、まずは転職サイトへの登録をおすすめします。転職サイトへ登録することにより、現在自分がどのような分野で必要とされ活躍できるかが明確に判明するでしょう。転職によって今の給料よりもさらに上の給料をもらうことも夢ではありません。

エムスリーキャリアエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

医師会員20万人以上の「m3.com」のエムスリーグループが運営している転職サイトで、コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が段違い。 エムスリーの病院コンサルティングの実績から、病院への交渉力があるという点が大きな強み。年収などの交渉はもちろん、新規での医療設備・医療機器の導入(数千万円単位)を交渉してくれることもある。

リクルートドクターズキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

3社の中でも【非常勤】の医師求人情報への強さはダントツ。「定期的に非常勤のアルバイトをゆったり続けていきたい」という方、また「週3日程度のゆったり勤務で年収1,200万円以上をキープしたい」という方の登録が多い。 また、無料登録するだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴。まずは軽く、病院の求人情報を眺めてみようという人にもオススメ。

マイナビDOCTOR

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

マイナビDOCTORは、医療系人材紹介会社において国内トップクラスのお仕事紹介実績を誇る医療系転職支援サービスです。運営会社のマイナビは一般企業向け転職支援サービスも提供しているため、膨大な数の取引先企業とのパイプを活かし、産業医などの企業求人が充実しています。また、マイナビはプライバシーマーク取得企業であり、個人情報の取り扱いに関して厳密な基準をクリアしているため、安心して利用できます。

関連記事

【医師が転職を希望する理由とは】

この記事の目次医師が転職を希望する理由とは医師が転職を考えるときの悩みとは 医師が転職を希望する理由とは 医師になると、大学の医局に属する働き方が一般的で、医局人事による関連病院への転勤はよくある話で ...

医師の転職は年齢に関係なし。定年後でも好条件な転職先で働ける

医師の定年は何歳なのだろうか?定年後は公務員の医師と民間の医師では、どのように進路が違うのか。専門分野の知識、経験をいかして生涯現役でいたいが高齢のため体力に衰えがあるので、年齢を気にせずのんびり…

失敗例から考える医師転職を絶対に失敗しない方法

医師は転職する際に、大きく2つ「給与」と「勤務条件」について慎重に検討する必要があります。 医師の転職理由ランキングには、 もっと年収を増…

医師の転職理由を徹底調査!驚きの上位5つの転職理由とは?

医師にとって転職は意外と当たり前のこと。新たな道を築く為にキャリアアップ志向で転職する人、仕事量が多いので落ち着いて働ける職場を探す人、転職のきっかけは人それぞれで、特に医師の転職理由は”これだ”と断…

医師としてキャリアアップを目指す方法

高い理想を持って医師になったからには、キャリアアップを目指すことは自然な流れです。多くのスキルや知識を身につけて、自分が理想とする医師に成長していきたいものです。 医師のキャリアアップとは…

  1. m3CAREER AGENT

    転職希望医師の登録実績5年連続NO.1

    • エムスリー独自の情報で病院の内部事情がわかる
    • 保有求人数最大級!相場より好条件の非公開求人多数
    • 医療機関との強いパイプを生かした条件交渉力が強み
    • 専任コンサルタントによるサポート
    • 募集がない病院にかけ合って採用枠を確保

    M3キャリアの登録・詳細はこちら

  2. リクルートドクターズキャリア

    医師の支持率83%

    • 好条件の高収入求人が豊富
    • 医師転職のサポート経験豊富な専任スタッフが対応
    • 無料登録で非公開求人の閲覧が可能
    • 大規模病院・有料病院の重要ポストが豊富
    • 専門医資格取得求人、開業支援求人豊富

    リクルートドクターズキャリアの登録・詳細はこちら

  3. マイナビDOCTOR

    高年収・好条件求人が豊富

    • 希望に合致する求人をできるだけ多く紹介してもらえる
    • プライバシーマーク取得企業なので情報漏えいの心配なし
    • 地域密着を重視しており、全国11拠点で対応
    • 常勤、定期非常勤からスポット・アルバイトまで、様々な勤務形態の求人がある

    マイナビDOCTORの登録・詳細はこちら

最新記事