Cugent 転職に、パートナーを

第二新卒の自己PRの書き方のポイントとは?例文で学ぶ転職の必勝法

ここ数年、中途採用の中でも特に第二新卒市場は盛況であり、良い求人に巡り合える可能性も増加傾向にあります。このチャンスをものするためにはどうすれば良いのでしょうか。どのようにアピールをすることで第二新卒者の魅力を伝えられるか、今回は特に事務職にフォーカスしてご紹介していきます。

第二新卒は「次こそ腰を据えて働いていきます!」と自己PRすべし

第二新卒とは一般的には入社をして3年以内の若年の社員を指します。第二新卒者は社会人経験が浅いため、どのようなことをアピールすればいいかわからない方も多いのです。でもご安心ください、ちょっとしたポイントを踏まえれば面接官にあなたの魅力を伝えられます。

1. 第二新卒の自己PRのポイント

①新しいことへの柔軟性

なんといっても第二新卒の魅力は、ある一定の研修や実務を積んでいるためビジネスマナーの基礎がありつつも、転職先の企業カラーに馴染みやすさがあるという柔軟性です。経験豊富であればあるほど今までの自分のやり方や風習が染み込んでいるため、新しい環境に馴染みにくくなります。ですから、第二新卒者の環境への適応能力や新しいことへのキャッチアップの早さは是非とも打ち出したいアピールポイントです。

②就業意欲の高さ

経験がないからこそ、未来への意欲、つまり熱意ややる気は強くアピールしましょう。将来をどう考えているか、何がやりたいか、どういったことで社会に貢献できるか等を地に足を付けしっかりと自己分析をし、考えた上でアピールしましょう。

③現時点のできること(スキル、経験)

就業年数が少なくとも、少しでも働いた期間があればできることは増えているはずです。研修でどのようなことを学んだか、ExcelやWord等をどの程度使えるようになったか等、現時点の能力は具体的に伝えるようにしましょう。履歴書や職務経歴書のスキル欄等で記載しておくとスムーズです。

2. 人事が気にするポイント

①得意なこと、苦手なこと

若年者を配属し育成していくには応募者の得手不得手を把握しておくことも大切なポイントです。第二新卒は社会人の基礎ができていることが前提となるため、新卒ほど一から育成はしません。どのようなことであれば早期に仕事を習得し、戦力になっていけるかは選考段階で確認をしなくてはいけない要素です。苦手はことは話しにくく感じるかもしれませんが、苦手にどう向き合っていくかまで考え伝えることで、アピールポイントに変えていけます。採用担当者に自分を雇用するメリット、デメリットを面接時にはプレゼンしましょう。

②ポテンシャル

優れた経験はまだ身に付けてはいなくとも、今後どのようなことで成長の伸びしろがあるかは人事の観点から把握しておきたいものです。採用したけれども早期退職を繰り返したり、戦力にならないような事態は絶対に避けたいと考えています。ですから、入社後にどのような分野であれば花開くのか、今後やりたいことのためにどのように努力していけるのか等を示しましょう。

③早期退職したことをどう捉えているか

退職とは非常に大きな人生の決断です。勿論早期退職した理由にもよりますが、その決断を早期に下したことを真摯に受け止めているか、働くことを軽く考えていないか等の仕事への価値観はとても気になるポイントです。いくら第二新卒者のニーズが多いとはいえ、育成コストがかかる以上入社をしたからには、長く安定してパフォーマンスを発揮して欲しいと人事、面接官は考えています。早期退職を繰り返さないためにどうするかを自分なりに考え、行動に移す姿勢が大切です。

3. 自己PRする点が見当たらない場合の対処法

①自分ができるようになったことを書き出す

少しでも働けば新たな気づきがあり、できることも増えているはずです。微々たるものであったとしてもまずは企業に就職してできるようになったこと、知ったことを紙等に書き出してみましょう。もしかしたら、受講した研修がとても外部企業で重宝される可能性や習得したシステムの知識を欲しがってくれる企業があるかもしれません。

また、転職エージェントは無料で転職の悩みに乗ってくれます。転職ノウハウのあるキャリアカウンセラーに書き出した文章を見せることであなたの可能性を広げてくれさえするため、客観的判断を仰げるよう情報のアウトプットをしましょう。

②周囲に自分のアピールポイントを聞く

なかなか自分の強みは思い浮かびにくいものですが、特に早期退職したことに後ろめたく思っている方はよりアピールポイントがみつからなくなります。そんな時は前職の先輩や同期、家族や友人に自分のアピールできるところを聞いてみましょう。人から自分の良いところを聞くことで失っている自信を取り戻しつつ、自分で気付かなかったような強みに出会える可能性もあります。ここで注意点はただあなたの良いところをアピールポイントにするのではなく、その良いところをどう応募先の会社で活かしていけるか、ビジネススキルとして活用できるかまで深堀りして考えておきましょう。

③学生時代の自己PRも交える

第二新卒者は新卒入社した企業での経験も少ないので、学生時代の自己PRもアピールにはなります。ただし、メインの自己PRとはなりません。そこは新卒者とは違い一度でも社会に出たのですから、やはり企業で就業した時の自己PRを採用担当者は知りたいと思っています。あなたをより深く知ってもらう上で補足的に学生時代のエピソードを話すのであれば良いのですが、メインテーマとして話すことは避けましょう。

第二新卒のオススメ&NG自己PR例文3つ

求人サイトや転職エージェントがこぞって第二新卒の採用に力を入れている状況ですが、いくら採用熱が高くとも、上手にアピールができなければ職探しに苦労することも少なくありません。どのような自己PRが人事担当者に響くのでしょうか。良い例、悪い例を交えてご説明します。

1. 自己PRの悪い例

①過大評価の自己PR

私はコミュニケーション能力に自信があります。約半年勤めた営業事務の時に大手のお客様との交渉のサポートに私が参加することで、お取引をさせていただき、たくさんのことを学ぶことができました。御社に入社をした際には売上を倍増させられるよう頑張ります。

→入社半年の若者のスキルで大手のお客様をメインで担当できるのかが怪しく感じます。実績を誇張するのではなく、得た成果に対して自分はどういったポジションで能力を貢献できたかを伝えることが大切です。

例えば、先輩がメイン担当であり、自分は補助する立場で円滑に交渉ができるよう資料の準備や調整を頑張ったと身の丈に合った実績を書いた方が説得力があり、印象も良くなります。

※口頭での自己PRを想定しているため、「貴社」ではなく「御社」

②矛盾した自己PR

私は粘り強く頑張れる性格です。前職でも業務内容を早期に習得し、実務に活かしていくことができていました。御社でも忍耐強く一つ一つ業務を覚え、貢献していきます。

→短期間で退職をしているのに、粘り強いというのは疑わしく思われます。本当に根気強いならよりそのことがわかるエピソードにすべきです。発言と行動が一致するような自己PRにしましょう。

※口頭での自己PRを想定しているため、「貴社」ではなく「御社」

③根拠のない自己PR

私は前向きさでは誰にも負けません。御社で働く際には一番早く業務を覚え、一人立ちできるよう努力します。

→前向きさがどれだけあるか根拠の提示がないため、伝わりません。自己PRをするからにはなぜそう言えるかの根拠を伝え、相手に納得感を得てもらわなくてはいけません。

※口頭での自己PRを想定しているため、「貴社」ではなく「御社」

2. 自己PRの良い例

①具体的エピソードを盛り込んだ自己PR

私は責任感ある人間です。以前の職場で入社をしてすぐに上司から見積書のフォームを新しく作り直して欲しいと言われたのですが、ExcelもWordもまだあまり触ったことのない状況でした。しかし、成長のチャンスだと思い、「できません」とは言わず、残業をした後であっても意欲的にOAスキルを勉強し、新たなフォームを納期内に作り上げることができました。できないことであったとしても挑んでいくことで自分の力にしていけることを体感できました。御社でも新たな仕事にチャレンジし、ステップアップしていく所存です。

→どういった場面で責任感あるかが読み取れるため、人事担当者にもアピールが伝わりやすくなります。困難に対してどう思い、どう行動を起こし、何を得たかを話すことがポイントです。

②数字を盛り込んだ自己PR

私は達成意識を強く持っています。前職の営業活動で1日3件の訪問目標に対し、アベレージ4件は訪問することができており、足りなくなる時にはテレアポ以外にも飛び込み訪問や先輩社員に助けを求め、目標を達成できるよう努力していました。その結果働いたのが半年と短期間であったため、1回のみですが同期の中で私だけが売上目標の100万円を上回り105万円で達成できました。これからも課せられた目標に向き合い、自分の能力も伸ばしていきたいと考えています。

→数字で示すことで数字意識があることをアピールしつつ、行動の具体性を示すことができます。異なる業界、異なる仕事であったとしても数字という共通言語によって相手にイメージを伝えることができるため、自己PRは勿論、履歴書や職務経歴書を書く時にも数字を用いることは転職活動時の鉄則いえます。

③やる気が読み取れる自己PR

私は思い立ったらすぐに行動に移すことが得意です。あるお客様の住宅を提案する準備をすでにしていたのですが、提案直前により良い物件情報を入手したため、多くの調整が発生することを覚悟の上で良いと思う物件を提案しました。その結果すぐに気に入っていただくことができ、ご購入いただけました。手間や工数があったとしてもお客様の満足度を考えて行動をするよう日々心がけているため、時間のない中でもこういった判断ができたと自負しています。御社はお客様の満足度にこだわったサービスを第一に掲げており、自分のやりたい方向性はここにあると面接を通してより強く感じることができました。前職では私の未熟さもあり、他の先輩の事務作業メインに任されることが希望に副わず退職をしました。しかし、次に入社をした会社ではどのような仕事であってもまずは吸収する時期と考え、住宅業界について前向きに勉強し、ゆくゆく多くのお客様にぴったりの提案ができる営業に成長していく所存です。私にそのチャンスをください、よろしくお願いします。

→ただ前向きな言葉でアピールするよりも、自分の非は認めつつ、どう受け止め、次の行動に繋げていくかを伝える方が企業側にも熱意として伝わりやすくなります。また、次の行動の話が自ずと志望動機にもなっていくので話の筋が通り面接でも話しやすくなります。今後のキャリアビジョンを打ち出すこともポイントの一つです。

※口頭での自己PRを想定しているため、「貴社」ではなく「御社」

事務職希望の第二新卒は自己PR時に事務の仕事理解が肝!

第二新卒かつ事務職希望者の方の自己PRにはポイントがあります。事務経験者、事務未経験者ともに以下のポイントを踏まえ、自己PRを練りましょう。

1. 事務職希望の場合のポイント

①事務という仕事の理解を深める

異業種からの応募も多く、その場合事務職のいいところばかり見てエントリーをしていないかも面接官は見定めなければいけない点となります。また事務職といっても営業事務、法務事務、経理事務と種類も多く、それぞれ特性があります。応募ポジションの大変な点、やりがいになる点をしっかりと理解をしていないと自己PRでどういった点を打ち出せばいいかもわかりません。応募前に情報収集をし、自分の働く姿をイメージできるようになっておくことが事務職応募の鉄則です。

②事務職で活かせるスキルや経験をみつけておく

先述の通り、事務職と一言でいっても様々な仕事があるため、事務の仕事の中のどういった点で自分が活躍できるかをアピールすることは内定獲得のための必須条件です。事務経験者であれば、より応募ポジションで活かせそうなスキルや経験をエピソードとして取り上げ、自己PRに活かしましょう。

特に未経験者が内定を得るためには避けては通れないポイントとなるため、過去の経験を振り返り、どういったスキルが事務職として活かせるか振り返りましょう。自分の仕事内容を細かに書き出すことで、活かせるポイントはみつかりやすくなります。

③応募企業の特性を理解しておく

一言で事務といっても応募先の企業のビジネスモデルや業界によって仕事内容にも違いがあります。企業研究をしより正しいイメージを持っておくことで自己PRは勿論、志望動機や他のアピールでも役立ちます。業界特性、所属部署の役割等も知っておくとライバルよりも一歩リードをした自己PRも思いつきやすくなるケースもあります。

2. 事務職の場合の良い例

①営業→営業アシスタント

私は相手の要望を先読みし行動をすることが得意です。前職の商社営業時にもメーカーと顧客の間で双方の要望をくみ取り、納期や価格調整等してきました。事前にお客様について下調べとした上で商談をしていたため、相手が望むことを言われる前に提案することができたため、お客様からもお褒めの言葉を頂戴することも少なくありませんでした。

御社のような電子部品メーカーの営業や営業事務の方とのやり取りもしていたため、業務イメージもあり、フロントとして得た「相手のして欲しいことを先読みする能力」は事務職としてサポート側になったとしても活かせるスキルだと考えています。

→前職で知りえたメーカーでの事務職理解があることを示した上で自分の活かせる能力のアピールをすることで説得力も増します。

※口頭での自己PRを想定しているため、「貴社」ではなく「御社」

②スマホの接客販売→人事事務(社内制度や福利厚生系)

私は働きやすい雰囲気作りを得意としています。前職の携帯販売ショップでは入社間もない若手の転職者が多く、人間関係が軽薄だったのですが、「仕事を円滑にするためにはもっと互いを知ることが大切だ」と思い、交流の機会を企画し、あまり話さない社員同士を繋げるよう努力しました。その結果互いの得意な分野やスマホや携帯知識について教えあうようになり、以前よりも仕事のやり取りがスムーズになり、店舗の売上向上となったと上司や他の支店から褒められるようなりました。

人事は社内のサービスカウンターとして社員が働きやすくなるよう陰ながら支える側面のある仕事であることを知りました。私は社員が働きやすい職場作りをすることをメインの仕事にしたいと思い、今後社内コミュニケーションに力を入れたいと考えている株式会社〇〇様でキャリアを積ませていただきたいと考えています。未経験ではありますが、必至に勉強をしていきます。

→募集ポジションを自分なりに調べ理解した上での応募だとわかり本気度も伝わります。

※口頭での自己PRを想定しているため、「貴社」ではなく「御社」

③営業アシスタント→人事部長付き秘書

私は多方面との調整能力に自信があります。以前人材会社の営業アシスタントとしてお客様や候補者との面接日程調整に加え社内、社外問わず交渉をする日々を送っていました。そのため、優先順位を付け、業務タスクを洗い出し迅速に処理することが得意となり、今回の人事部長秘書のお仕事でも経験を活かせると感じています。

特に人事部であれば、社外秘となる情報の扱いも多くなるため、情報セキュリティには注意深くある必要があると感じているため、働くことになる前にはセキュリティ意識を高めるよう勉強をするつもりです。秘書自体の経験はありませんが、人事部としてどうふるまうべきか、秘書としてどうあるべきかを意識しながら今まで培った調整能力を活かし働いていきます。

未経験の仕事だからこそ、学ぶべきところを事前に調べている点は採用担当者に意欲的と捉えてもらいやすくなります。