Cugent 転職に、パートナーを

業務委託は履歴書にどう記載するの?職歴・志望動機の書き方を紹介

働き方改革が叫ばれる中で、現在新しい働き方として注目を集めているのが「業務委託」という働き方です。あまり馴染みがないかもしれませんが、派遣や契約社員とはまた違った、働き方の選択肢の1つです。 業務委託とはいったいどのような働き方なのか、そして業務委託として働いた、もしくはこれから働きたいと思ったときに、どのように履歴書を書けばよいのかといったポイントをご紹介します。

そもそも「業務委託」とはどんな働き方なの?

まずは業務委託とはどんな働き方なのかについてご紹介します。さらに、業務委託で働いた場合の契約の方法や、業務委託で働くメリット・デメリットについてもご説明します。

業務委託とは個人事業主になること

「業務委託」が、派遣や契約社員と一番違う点は、会社や組織に所属せず自分自身が「個人事業主」として収入を得る働き方であるということです。

契約のしくみ

他の会社から委託された仕事を、自分が請け負うことにより労働契約が成立します。会社に雇用されることがないので、1つの企業と対等な立場で仕事をすすめることができます。基本的に自分で企業に仕事の内容、納期、報酬、方法などを交渉します。そして仕事の内容ごとに契約を結んで、完遂したときに報酬を得るのです。

業務委託には2種類の契約方法がある

業務委託には「委任契約」と「請負契約」という2つの契約方法があります。

委任契約

「委任契約」は「一定の行為の完遂」を目的とした契約です。たとえば、「システム開発を行うこと」という委任契約の場合、システム開発をする行為を契約の日数分行えば、最終的にシステム開発の成果をあげることがなくても、報酬を得ることができます。

請負契約

「請負契約」の場合は、「仕事の完成」を目的とした契約です。この場合はシステム開発をした結果、つまり成果物が求められます。つまり完成したものを納めてはじめて報酬が得られるのです。

業務委託のメリット・デメリット

メリット

  • 時間や場所にとらわれない働き方ができる場合が多いので、自由な働き方ができること。
  • 成果をあげれば報酬が得られるので、スキルのある人にとっては高収入が得られること。
  • 複数の企業から同時に仕事を請け負うことができること。
  • 自分の得意分野や専門スキルを存分に生かした働き方ができること。

現在、企業のマンパワー不足で外注の仕事が増加する中、仕事ごとに契約を結べる業務委託は企業にとってもメリットがあります。

デメリット

  • 個人事業主のため、労働法が適用されず、法律の適用外になること。
  • 税金などの申告を自分自身で行わなくてはいけないため、知識が必要であること。
  • 仕事が継続する保証がなく、収入が不安定であること。

スケジューリングやタイムマネジメントなど、自己管理がしっかりと行える人が業務委託に向いています。

業務委託に当てはまるもの

業務委託という働き方をとっている職業には、以下のようなものがあります。

  • コピーライター、WEBライターなどのライター系の仕事
  • システムエンジニア、プログラマーなどIT系の仕事
  • グラフィックデザイナー、WEBデザイナー、イラストレーターなどのデザイン系の仕事

また、最近では美容師など、さまざまな業種で業務委託の仕事があります。

業務委託で働きたい!履歴書に志望動機を書くときのポイントと例文

業務委託という働き方をご紹介しましたが、新しい働き方に魅力を感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これから業務委託という働き方を選択したいとき、志望動機はどのように書けばいいのかをご紹介します。

業務委託で働きたい人のための志望動機の書き方

ライター志望の例文

現在まで3年にわたり、編集社で月刊誌やフリーペーパー編集業務に携わっておりました。紙面づくりに携わるさまざまな仕事を経験した中で、特に毎月4ページほど担当していたライティングの仕事は、興味、適性ともに私自身に合っていたと思い、読者アンケートでも高評価を頂きました。もっと自分で文章を書き、作品を作りたいと思うようになりました。

貴社のライター募集案件を見て、ぜひ自分の力を試したいと思いました。ライター経験は浅く未経験の働き方ではありますが、読者に喜ばれる記事作りを目指して努力し、貴社に貢献していきます。

システムエンジニア志望の例文

もともとはプログラマーでしたが、前職でネットワークやデータベースに触れるうちに、システムエンジニアとしてシステム設計に携わりたいと思いました。そしてもっと幅広い仕事に携わりたい、また働く上では社会の役に立ちたいと考えるようになり、公共性のある仕事にチャレンジしたくなりました。貴社の公共性の高いシステム開発の募集を見て、ぜひ自分の力を役立てたいと応募を決めました。システムエンジニアとしての力をサービスとして提供し、たくさんの人に利用してもらいたいと思っています。

自己アピールで好印象につなげる

基本的には、ほかの企業に志望動機を説明する時と同じような記載で構いません。業務委託という働き方を経験していない人は「新しい働き方ですが挑戦したいです」などと前向きな言葉で結ぶとよいでしょう。また、即戦力のスキルが求められる事が多いので、自分ができることをアピールしながら志望動機を説明できると好印象につながります。

~業務委託は履歴書や志望動機が必要ない場合もある~

業務委託は、契約書を交わして契約を成立させますが、その際に履歴書が必要なかったり志望動機を聞かれなかったりすることも多くあります。「○○ができるスキルのある方」「〇日までに○○ができる方」などという具体的な募集がある場合も多いので、それが「できる」と答えればその場で即採用になる場合もあります。

しかし、こうした場合は企業や採用担当者がどのような雰囲気なのかわからなかったり、企業と自分自身が考える仕事内容とのギャップがあったりと、ミスマッチが起こってしまいがちです。

履歴書や志望動機が必要ない場合は、企業情報や仕事内容をリサーチするなど、しっかりと自分で調べてから、きちんとした手順を踏んで契約に踏み切ることが大切です。

転職時に業務委託はどう記載するの?履歴書の書き方と例文

現在「業務委託」で働いている人が、一般企業で働きたいと思ったとき、どのように履歴書を書いたらいいか戸惑ってしまう方も多くいます。企業に所属していないからと言って、仕事をしていないわけではありませんので、業務委託の経歴もぜひ記入してください。業務委託として履歴書に書く場合は、2種類の書き方があります。

個人事業主として記載する

28年1月○○事務所設立 個人事業主として開業
28年2月デザイナーの仕事に従事
28年3月○○株式会社より○○のデザインの仕事を請け負う
29年4月一身上の都合により廃業

通常の履歴書と異なる言葉づかい

一般企業に勤めたときと、業務委託では、履歴書に記載する際の言葉が違います。

一般企業業務委託
新しく仕事を始めるとき入社開業
仕事を辞めるとき退社廃業
仕事内容を記載するとき担当など従事・請け負う

契約内容により、依頼主の名前を明かせなかったり、詳しい仕事内容が記載できなかったりする場合は、おおまかでよいので案件の内容を記載するとよいでしょう。詳しい仕事期間や内容、報酬については職務経歴書に記載します。

●クラウドソーシングサービスを利用した業務委託の場合

28年1月個人事業主として活動を開始
28年2月クラウドソーシングサイト(クラウドソーシングサービス名)にライターとして登録
28年9月○○株式会社の仕事を請け負う
29年2月クラウドソーシングサイト(クラウドソーシングサービス名)を一身上の都合により退会
29年3月個人事業主として活動停止

【業務委託の内容を記載する場合】

業務委託にて下記作業に従事
28年 1月○○株式会社においてソフトウェア開発サポート (28年3月終了)
28年 3月××株式会社においてアプリケーション開発業務 (29年3月終了)
29年 4月**株式会社において情報システム開発業務 (29年5月終了予定)

業務委託という働き方を長く行っていたり、スキルに自信があったりする方におすすめの書き方です。仕事内容が一目でわかりやすく、自己アピールにもつながりやすくなります。

~履歴書に「業務委託」と書かれていた場合の採用担当者の印象~

履歴書に「業務委託」または「個人事業主」と書かれていた場合、採用担当者は「この人は腕に自信があるな」「即戦力になってくれそうだな」という印象を受けます。自分のスキルに自信がなければ、業務委託という不安定な働き方の選択をすることができないからです。

また、本当にスキルがなければ、企業から契約を取り続け、業務委託という働き方を続けることはできません。業務委託を長く続けている人は、企業から信頼され、仕事を完遂できるスキルを持った優秀な人物であるととらえられる場合が多いです。

人気エージェント

村上 篤志

Attack株式会社

転職希望者の方の悩みや不安と真摯に向き合います

詳細はこちら

寺平 佳裕

合同会社こっから

転職者と正面から向き合い、じっくり話し合うことで、本人も気付いていない「本音」を見つけます。

詳細はこちら
エージェント一覧