Cugent 転職に、パートナーを

【転職面接で使える】絶対合格する志望動機の書き方を例文から学ぶ

履歴書にしても、面接にしても志望動機を答える必要が出てきます。そもそも、志望動機はなぜ必要なのでしょうか。「しっかりとした志望理由を持っていないといけない。」、「少し興味があるくらいでは応募してはいけない。」といった敷居の高さを感じる人も多いのではないでしょうか。 けれども、採用担当者が志望動機を確認することにも理由はあります。その点を踏まえて今後の就職活動の参考にしていきましょう。

志望動機は企業に期待すること+自分のスキルをアピール

志望動機はただ企業のいいところを言えばいいというわけではありません。あなたにとってどのような点が魅力に映っているかやどのようなことを入社をしてやりたいかを基本的には知りたいのです。では、具体的にどのようなことを答えれば説得力のある志望動機といえるのでしょうか。以下の2点を志望動機に含ませるようにしましょう。

①応募企業に期待すること

採用担当者はあなたと企業の思い描くイメージや未来の方向性がフィットするかが気になっています。その点が違えば入社をしても残念な結果をもたらしてしまいます。ですから、どのようなことを魅力と感じているか、入社してどのようなことをしたいかといった希望は明確に伝えましょう。

②入社後に活かせる自分の経験やスキルをアピール

応募企業での就業を熱烈に希望したとしても、活かせる能力がなければ採用にはなりません。よってどのような経験やスキルが活かせるかも伝える必要があります。基本は過去の就業経験(職務経歴)、特に直近の経験から応募ポジションに活かせるポイントを説明しましょう。

面接での志望動機の回答例文

回答例1

私は御社の商品開発の独自性や理念に共感をし、応募をさせていただきました。

実際に御社の製品を取引にて使用することがあり、その際の他社製品と比較したパフォーマンスの高さや御社の営業担当の方のサポート能力の高さからプロジェクトを成功させることができました。御社では製品一つ一つにこだわりを持ち、常に改善を欠かさない姿勢があり、感銘を受けました。また、担当していただいた営業の方のお人柄や能力に触れ、「このような人と一緒に働き、互いを高めあいたい」と思い本日に至ります。

もし、働く機会をいただければ、培った精密機器の〇〇の知識や業界知識を活かし、営業活動をよりドライブしていければと考えています。

回答例2

私は御社の〇〇アプリを私自身の手でより良いものにしていきたいという思いから応募をさせていただきました。

学生時代から会計管理系サービスに興味を持ち、サービスや商品を研究していました。そして、数年同業界で仕事をしていたのですが、御社が世に出した〇〇アプリは私がまさにゆくゆく開発したいと思っていたことの理想形です。「あの技術を使えばより反応速度が上がるのでは」や「こういう画面遷移をよりユーザーは好みそう」というユーザビリティのアイディアが膨らむのです。私が所属しているA社では事業縮小によりもう△△分野での新たな展開はありません。今後も私がやりたいことを続けるには御社以外あり得ません。

前職でも大規模サービスの開発から運用までの経験を積んでおり、自宅開発環境下で自作アプリの開発を試行錯誤し日々技術のキャッチアップも欠かしていません。外注会社との折衝や設計チームとの調整もしていたため、人とのやり取りも問題なく対応できます。私は〇〇サービスに貢献できる人材だと確信しています。

※履歴書ではなく口頭での回答を予想しているため、「貴社」ではなく「御社」としています。

業界・業種ごとに好まれる志望動機

応募先の企業の業界や業種についても志望動機で語ることで、あなたの意欲をアピールすることもできます。特にニッチな業界や少し変わった仕事内容であれば応募者の理解度がどの程度あるかも採用担当者は気になるところです。特性を理解した上でエントリーをしていると伝えることもあなたをアピールする有効な一手となるのです。

業界ごとに好ましい志望動機

その業界の中で応募した会社がどういう強みがあるかや立ち位置を理解した上での応募理由を答えると、「この求職者は自社の業界について理解しているんだな。」と採用担当者に好印象を与えることができます。業界によって同じ職種での転職でもビジネスモデルの違いから、実務にも大きな違いがあることが多いため、業界特性の理解は面接前にしておきたいポイントです。

①メーカーは商材理解

商品や商材の現状の他社比較をした上での強みや、今後どういったビジネス展開が良いかの私的な意見を持っていると良いでしょう。また、コンシューマー向けの商品であれば自分が使用してみての感想を含ませると良いでしょう。

②IT業界は将来性の先読み

商材やサービスがどういったビジネス展開をしていて、将来どのような可能性があるかまで自分の憶測を踏まえ、魅力を感じたことを伝えると良いでしょう。IT業界は技術トレンドの移り変わりが激しいので、先を見据えた将来プランがあるかどうかを志望動機に含ませると良いでしょう。

③サービス業界は企業理念と働く人への共感

応募先企業の提供サービスを他社も比較検討した上での魅力の理解や、働いている人自身について知った上で志望動機がお勧めです。サービス=企業理念×働く人によって創り出されるため、その点の理解や共感を含ませましょう。また、提供しているサービスを体験したことがあればそのサービスの長所や自分が入社したらこうしていきたいなど、実際に働くことになった時を見越した志望動機を答えると良いでしょう。

業種ごとに好まれる志望動機

応募職種にどのようなやりがいや魅力を感じているかを伝えましょう。経験職種の応募である場合には実務での経験を元に答えると、採用担当者により現実味ある動機として伝えることができます。

事務(経理、総務、営業アシスタント、OA事務等)は効率化と協調性

数字を生み出す仕事ではないので、業務効率化や社員のサポートをどのようにしていくか等を含ませると良いでしょう。また、事務職といっても得意とする仕事は具体的職種によって違うため、その分野の特性を活かした志望動機にしましょう。

営業は自分の押しポイント

どのような仕事のスタイル(新規、既存、ルート営業等)で利益を生むことに優れているかを含ませると良いでしょう。また、得意な商材や他営業と比べ自分が優れている営業スキルもあれば伝えましょう。

エンジニアは得意環境や分野

どういった開発環境でパフォーマンスを出せるか、美しいプログラミングをするためにどのような心掛けをしているかを含ませると良いでしょう。特に得意な担当領域やサービスが応募先企業でも活かせるようなら盛り込みましょう。

看護、介護、保育は大変さとやりがい

応募企業の理念や取り組みへの共感や今までの経験でのやりがいなどを含んだ回答が良いでしょう。命を預かる責任ある仕事であるため、大変さの中でどのようなことをやりがいに感じ、応募をしているのかは採用担当者の気になるところです。

退職理由をアピールに変える3つのコツ

退職理由=マイナスなアピールと考えられがちですが、実はそうではありません。伝え方に気を配れば立派なアピールにもなるのです。

退職理由をアピールに変える3つのコツ

そもそも、採用担当者が退職理由を確認したいのはどのような環境であると働きづらいかや希望しない環境かを知りたいためです。もし、前職の退職理由に関係する理由が応募先企業にもあるようならば、ゆくゆくはミスマッチをうむことになります。退職理由を上手に伝えるポイントは3つあります。

①ザックリと退職理由を伝えることは避けるべし

例えば、「環境に合わず辞めました。」、のみであると漠然としすぎていて、どのような環境だったのかがわからず、不必要に企業側の採用担当者を不安にさせてしまいます。これを「残業をすることが努力をしている社員と評価をされる環境を良いと思えず、時間ではなく、能力をより認めてくれる企業で力を試したく退職をしました。」と、具体性のある説明をすることで採用担当者にも退職は致し方なかったものであり、今後入社をしても自社の環境でなら活躍できる、と印象付けることができます。

②退職理由を志望理由に関連付けるべし

退職をするほどの理由が前職にあったのであれば、通常その後の就職活動では退職した時の理由も転職の軸になっているものです。よって志望動機に退職をしたきっかけのエピソードや前職で求めても手に入れられなかった魅力が応募先企業にあることを伝えると、マイナスな印象を与えることもなくなります。退職~志望理由までのエピソードに一貫性があると伝えることは非常に有効なアピール手段となるのです。

<退職理由~志望理由に関連付けた例>

退職理由:年功序列の環境に不満 志望理由:能力で勝負をしたい。

前職では年齢で与えられる仕事や裁量が決まっていたのですが、私は若い時から責任ある仕事をやり遂げ、スキルを付けたいと考えていたため退職に至りました。御社では年齢に関係なく、仕事を任せてくれる社風と認めてくれる制度があるため大変魅力に感じています。

退職理由:海外で立ち上げ等経験を積みたい 志望理由:海外での拠点立ち上げ経験が積める

前職では当初海外事業展開予定があったのですが、業績悪化とビジネスの方向転換によりその機会を失うこととなり退職をしました。御社では国外の展開を視野に入れており、新たな拠点を立ち上げる予定と伺っています。学生時代からの目標である海外でのビジネス経験を積めるチャンスをいただきたく、応募をさせていただきました。

※履歴書ではなく口頭での回答を想定しているため、「貴社」ではなく「御社」としています。

③退職する前にできることをやり切りましょう

業績悪化や部署閉鎖等会社側の都合による退職理由であると無難ですが、自分から退職をした場合には伝え方への注意が必要です。「人間関係が悪いため」や「仕事にやりがいがない」といった場合、採用担当者は「自分で改善する意識や行動はしなかったのだろうか?」と思います。どの会社にも悪い点はあるため、ある程度環境に負けない力も求めているのです。ですから「辞める前に改善の努力をしたけれども、改善に至らずに退職をした」と伝えることが良しとされます。ですから、在職中にどう改善に取り組んだか等を伝えられるよう、現職中の方は目の前の課題に向き合いましょう。現職でたくさんの壁を乗り越えておけば、同じ壁にぶちあたっても苦労することもなくなるので、あなたの生き抜く力を伸ばす上でも大切です。

未経験者は覚悟があることを志望動機で伝えるべし

未経験の場合は通常の転職よりも志望動機についてフォーカスされます。「未経験なのになぜ、この仕事に応募したのだろうか?」、「いいイメージだけで応募していないか?」ということを採用担当者は心配しています。未経験であればより入社後に自分からキャッチアップすることが要され、乗り越えるべき壁も多くなります。困難なことがあってもやってのけることができるポテンシャルがあるかを示すことが未経験者に求められるアピールなのです。

・未経験から転職しやすい業界業種

未経験の場合何を採用担当者が見ているかというと、ポテンシャルやあなたの特性(性格や気質)です。未経験であったとしても過去の磨いたスキルを他の仕事で活かせる可能性は十分にあります。では、どのような業界、業種であればキャリアチェンジをしやすいのでしょうか。

営業→調整業務(秘書、ツアーコンダクター等)

営業に求められる能力は調整能力や判断力、提案力です。秘書であれば上司のスケジュール調整や各部門との細かな根回しが必要となり、時には優先順位を付ける判断も下すため経験を活かしやすくなります。他職種についても同様に人と人との間に入った調整経験を活かされます。

サービス業界→人材業界

人材業界は人の転職にかかわる仕事のサポートをすることが主となるため、難しい商材知識がなくとも、人間的な魅力の高い人であればすぐにキャッチアップをして入ることができます。勿論法的知識や覚えることはありますが、他業界に比べて未経験でも採用されやすく、むしろ異業種での経験が重宝されることもあります。

未経験転職は事前の下調べがポイント

未経験の場合採用担当者は憧れだけで応募をしていないかが気になっています。そのため、志望動機を伝える時には、応募する仕事のいい点だけではなく大変な点や今後自分がどういった努力をしなくてはいけないかまで理解した上で、覚悟あるエントリーであるということを伝える必要があります。大変なことがあっても乗り越えていける人材かを見極めてもらうためにも、自分が働く姿をイメージできるよう企業研究をし、仕事内容についての情報を得ましょう。

未経験者は内定から入社までに学べることは学んでおくことも大事

未経験者の場合事前に学んでおいて損をするということはありません。どのようなことを知っておいた方が仕事の習得に役立つかを確認し、勉強をしたり調べておきましょう。もし、先方が「特に事前に学ぶことはありません。」と言ったとしても、自分で学べることを想像し、行動に移しましょう。例えば、経理であれば簿記の勉強をしたり、営業であれば内定先企業の商材を覚えておいたりとやることは山ほどあります。

未経験者の出世は社風とあなた次第

未経験だから出世は難しいのではと思う方も多いのですが、そうではありません。たしかに会社の社風として中途入社者が出世しづらいという会社もあるかもしれませんが、未経験者だからこそキャリアアップできる場合もあります。それは、異業種経験をうまく活かせるかにかかってきます。異なる業界や仕事の経験があるからこそ見えてくる社内の課題があるものです。それをあなたの能力で解決したり、ビジネスに新たな視点をあて会社に貢献ができれば、自ずと重要なポジションに就くこともできます。

志望動機の回答時間は短く簡潔にがベスト!

志望動機が長いからといって面接の結果に結びつくわけではありませんが、話が長いと話の内容にまとまりがなくなり、採用担当者も聞くことに疲れてしまいます。相手と心地よく会話ができる長さやテンポで話すこと大切となります。では、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?

志望動機の回答時間は3分以内

長くても3分ほどにまとめましょう。話が長いと聞き手も飽きてしまい内容が耳に入ってこなくなってしまうので、後々補足していくイメージでよいでしょう。採用担当者が質問をしたくなる材料を出し、自分に興味を持ってもらうための足掛かりとしましょう。

回答時間が長いと説明力が乏しい印象を与えかねない

時間だけで合否が決まることはありませんが、回答時間が長いと要点をまとめ簡潔に伝える能力が乏しいという印象になりかねません。また、先述のようにあなたの志望動機に興味を持ってもらえなくなります。一生懸命話すこと=長く話すことではありません。テンポのいい会話を面接内でできるよう心がけましょう。

志望動機の話のネタは1個、多くても2個まで

最初に志望した理由を言い、その後なぜ志望したかの理由を説明していきます。最後にどのように会社に貢献していきたいかややりたいことを伝えて志望動機を伝え終えましょう。あれもこれも話そうとすると話の方向性が失われるので、志望動機での話のネタは多くても2個以内がよいでしょう。

人気エージェント

村上 篤志

Attack株式会社

転職希望者の方の悩みや不安と真摯に向き合います

詳細はこちら

寺平 佳裕

合同会社こっから

転職者と正面から向き合い、じっくり話し合うことで、本人も気付いていない「本音」を見つけます。

詳細はこちら
エージェント一覧