Cugent 転職に、パートナーを

例文で学ぶ|転職面接の逆質問で社長役員に好印象を与える3つのコツ

面接の最後にあるのが、採用担当者から「最後に質問はありますか?」というお決まりのフレーズ。「特にありません。」の一言で終わらせていませんか? 実はこの時間は、採用担当者に直接疑問をぶつけられる貴重な時間。そして、自分をアピールできる最後のチャンスでもあるのです。採用担当者に好印象を与える「逆質問」についてお教えします。

転職の面接で好印象を与えられる逆質問と例文

面接官はなぜ逆質問の時間をとるのか

応募者の入社意欲を上げたい

面接官は「質問はありますか?」という質問を応募者にすることで、入社意欲の高さややる気を見ています。企業のことについて逆質問するとき、より企業研究・業界研究ができている人と、そうでない人では、質問の質がまるで変わってきます。誰でも思いつくような質問よりも、「よくそこまで調べているな!」という質問をする方が、より評価も上がります。さらに、ぜひ入社してほしいと思った応募者に対しては、積極的に会社に対する疑問点を解決してもらい、自社への入社意欲を上げたい、という意図があります。

応募者と企業の認識のギャップを埋めたい

就職活動における面接は、もちろん企業が応募者を選ぶ場所ですが、逆に応募者が企業を見る場所でもあります。採用した応募者が、短期間で仕事を辞めてしまうことの原因の一つが、企業に対する誤解や思い込みなどのミスマッチです。多くの時間やお金をさいて採用した応募者が、短期間で辞めてしまうことは企業にとって大きな損失です。現在、早期離職や早期退職が問題となり、面接時にしっかりとしたマッチングをしたいと考えている企業が増えてきています。早期離職の原因となる企業と応募者とのギャップを埋め、ミスマッチを少なくするために、逆質問を行うのです。

逆質問は応募者のアピールチャンスでもある

逆質問は、応募者にとって最後の自己アピールのチャンスでもあります。ただ、「何か質問はありますか?」という尋ねられ方なので、あからさまな自己アピールをするのはNGです。質問の中に、さりげなく自己アピールを取り入れたり、企業研究をした情報を盛り込んだりするのが、面接官に好印象を与える逆質問です。

目的によるいい質問の例

意欲をアピールする

【例文】

「志望している部署の仕事について詳しく教えていただけますか」

「同年代の社員の一日のスケジュールはどのような感じでしょうか」

「御社の○○というサービスに大変興味があるのですが、入社後携わることはできますか」

入社後の具体的に仕事の中身について質問することが、やる気をアピールすることにつながります。例えば、「配属先はどこか」「配属先の仕事内容について」、「社員構成はどのような感じなのか」などは、面接官に好印象を与える質問です。会社や職種などについては既に調べたり聞いたりしているはずなので、実際に入社した後のことを想像しながら質問をするとよいでしょう。

スキルの高さをアピールする

【例文】

「入社までにさらに学んでおいた方がよいことはありますか」

「独学で英語を勉強していますが、それを生かす仕事に就くことはできますか」

「前職では○○を経験してきましたが、足りないスキルがあれば教えてください」

前職でのスキルや、アピールできることがあればそれについて質問するのもよいでしょう。もし思いつかなければ、「入社に向けたスキルアップのために何が求められるか」「いまの自分に足りないものは何か」など、入社に向けた質問をするのも、働きたい意欲をアピールすることができ効果的です。

待遇について理解を深めるのは応募者にとっても重要

応募者が転職するにあたり企業について明らかにしておくべきこと

業務内容や残業時間、転勤、年収など、面接の段階では聞きづらい質問です。しかし、働く上で重要なポイントですから、必要であれば質問しても構いません。ただ、聞き方次第では「本当にやる気があるのか」「入社前なのに主張が強い」などと逆に悪い印象を持たれてしまうこともあります。こうした聞きづらい質問を逆質問する際に注意するポイントをお教えします。   

残業などの労働環境

【例文】

「今の会社では月に〇時間ほど残業するケースがどうしてもあるのですが、御社は残業についてどうお考えですか。どの程度まで許容されているのでしょうか。」

「御社は○○県や△△県などに支店をお持ちですが、転勤する方はいらっしゃいますか。いらっしゃる場合はどのくらいの頻度で転勤されているのでしょうか。」

「条件面については御社の規定に従う考えでおりますが、私と同じくらいの年齢、経験の社員の年収はどの程度かよろしければ教えていただけますか。」

残業や休日などを質問すると、「仕事をやりたくない」というマイナスイメージに受け取られる恐れがあります。そこで、「前職では○時間残業していました」「月に○回ほど休日出勤をしていました」など、今までちゃんとこなしてきたことを伝えた上で、質問すると良いでしょう。転勤や年収についても、ストレートに質問するのではなく、歪曲的な表現で聞くと悪い印象になりません。

転職面接の逆質問をよりよいものにする3つのコツと例文

1.企業研究をしっかりする

企業研究の重要性

転職の際、企業研究は必須です。逆質問の際に、「質問はありません。」の一言だと、採用担当者は「うちの企業に興味ないの?」と疑問に思ってしまいます。企業研究をする中で感じた疑問をメモしておき、それを聞けるようにしておきましょう。企業研究がしっかりできていれば、企業が応募者に求めることや自分の方向性とのマッチ具合もわかり、有意義に面接をすすめることができます。

企業研究の方法

IR情報
IR情報とは、企業が投資家に向けた経営状況や財務状況、業績動向に関する情報です。これは企業に関するあらゆる情報が入っています。IR情報が見られるスマートフォンアプリもあるので、ぜひ活用してみてください。
会社四季報
会社四季報とは、投資家に向け会社の情報を記載している冊子です。新卒者向けの「就職四季報」には試験情報や採用実績などもまとめられているので、合わせて見るとよいでしょう。
企業の広報活動
企業のプレスリリース、twitter、facebookなどをチェックし最新情報を手に入れましょう。HPよりも新しくタイムリーな情報を手に入れられるので、面接の逆質問に即生かせることが多いです。

転職の際には企業のHPをチェックすることが多いと思いますが、他にも情報を得られるツールがたくさんありますので、ぜひ活用して企業研究に取り組んでみてください。

良い企業研究に基づいた質問の例

【例文】

「決算書では○○年の利益が○%上がっていたようですが、これはどのような効果が現れたのでしょうか?」

「御社の競合企業である○○社と差別化されるために行っていることがあれば教えてください。」

2.言い回しを工夫する

仮説検証を心がける

【例文】

「御社の魅力は○○なところと認識しているのですが、それについてどう思われますか。他にはどんな魅力がありますか?」

「自分は○○だと思うのですが、どうお考えですか?」などと自分の意見を付け加えて質問をすると、「会社について関心を持っているな」「しっかりと自分の考えを持っているな」と好評価になります。さらに企業研究をした情報を絡めると効果的です。

言葉遣いの面でのコツ

【例文】

「年齢と実績から給与が決まるとお聞きしているのですが、どのくらいの経験や実績で○○万円になる、といった事例がありましたら差支えない範囲でお教えいただけますでしょうか。」

聞きづらい質問も、「よろしければ」「差支えない範囲で」などと付け加えると、質問のクッションになり、語彙がやわらかい印象になります。

3.社長・役員など担当者によって質問を変える

人事担当が面接官の場合

【例文】

「中途採用で入社した方のうち、活躍されている方はどのようなタイプの方ですか?」

「御社の○○という経営理念に大変共感しているのですが、その実践のために現場で取組まれていることがあればお教えいただけますか。」

役員が面接官の場合

【例文】

「御社の○○という経営理念に大変共感したのですが、よろしければどのようなお考えからこの理念を掲げられたのかお教えいただけますか。」

「差支えなければ、経営者のからこそ見える御社の魅力と改善点をお聞かせいただけますか。」

たいていの場合、転職活動では面接を繰り返します。面接官も人事担当、現場の社員、そして役員や社長と変わる場合があります。面接の担当者によって質問を変えるのも重要なポイントの一つです。

人事や現場担当者の場合は、協調性や即戦力となることが重要視されますので、具体的な業務や入社後のことについて質問するとよいでしょう。

また、役員や社長が面接官の場合は、経営や日本経済など企業の全体像に関する質問も効果的です。「企業だけでなく、経済や業界に関しても理解があるな」という印象を与えることができます。

転職面接でマイナス印象を与えてしまう逆質問と例文

調べればわかることを質問してしまう

【例文】

「御社の企業理念は何ですか。」

「どのような商品が主力ですか。」

会社概要や福利厚生など、HPなどを調べれば簡単に手にはいる情報を質問すると、採用担当者は「企業研究ができていないな」と判断し、「志望度が高くないのだろう」と思ってしまいます。ただ「HPには○○と書いてありましたが、これについては△△とお考えでしょうか」などと自分で得た情報をもとに質問することはOKです。

担当者が異なる質問をしてしまう

【例文】

(現場の担当に対して)「求人票に掲載されていた待遇に関して質問があるのですが……」

(社長に)「担当するルート営業の進め方はどんなものでしょうか。」

面接官に答えられない的外れな質問をしてしまうと、「きちんと把握できていないな」と状況判断能力を疑われてしまいます。面接官は初めに必ず自己紹介をしますので、きちんと聞いておき、相手にあった質問をするようにしましょう。

「はい」か「いいえ」で即答できてしまう逆質問

【例文】

「入社後、私は〇〇の仕事に携わる事ができますか。」

「中途採用で活躍している社員はいますか。」

「はい」か「いいえ」で即答できてしまう質問は、話が次に続かず場の雰囲気が盛り下がってしまう可能性があります。採用担当者も「はい」か「いいえ」で答える質問は答えづらいことが多いので、避けるようにしましょう。

自信が感じられない逆質問

【例文】

「貴社ではキャリアアップをどのようにお考えでしょうか。」

「異業種からの転職ですが入社したら活躍できますか。」

このような質問は、自分に自信がないととらえられ自己アピールにつながりません。キャリアプランや採用後の研修について質問することは悪くありませんが、「キャリアアップに関して受け身だな」と受け取られることもあるので注意してください。

担当者が答えづらい逆質問

【例文】

「御社の〇〇サービスはどのようなサービスですか。」

「御社の雰囲気は全体的にどんな感じですか。」

具体性がなくざっくりとした質問は、担当者が答えづらく、いい印象を与えることはできません。また「今この場で思いついたな」と思われるような簡単な質問も、面接に対する準備不足と思われてしまいます。