薬剤師転職で気になる年収などの条件は?企業・薬局など職場別まとめ

薬剤師は悩みの多い仕事です。収入、キャリアアップ、人間関係…挙げればキリがありません。
なかには「ブランクがあって復帰ができるかどうか不安…」と悩んでいる方もいるでしょう。

実は、これらの悩みはすべて「転職」によって解決できる悩みなのです。しかし、転職といっても実際にどのようにアクションを起こしていいのかわかりませんよね。そんな方におすすめしたいのが、まず「情報収集」に注力することです。
このページでは、薬剤師の転職にまつわるあらゆる情報を網羅しています。転職活動がまだという方も、すでに始めているという方も、このページに目を通してみてください。
転職成功の糸口が見つかるはずですよ。

1.薬剤師の転職事情とこれからの動向について

薬剤師は基本的に「売り手市場」と言われています。しかし、それはあくまで薬剤師が仕事を選ばなかった場合の話です。満足度が高く、待遇ややりがいなどで納得できる職場を探すとなると、「売り手市場だから」とふんぞり返っているわけにはいきません。
まずは「自分が転職したい理由は何なのか」を明確にし、スキルアップ、年収アップ、条件アップなど、自分が求める職場を見つける必要があります。
まずは、以下の記事をしっかり読んで、職場について情報を集めることから始めましょう。

薬剤師の職場・雇用形態別の平均収入比較!

現在の年収に不満があり、転職したいという方も多いはず。そこで、自分自身の収入が適正なのかどうかをチェックしてみましょう。
薬剤師全体の平均年収は、500万円~650万円、中央値は400~500万円でとなります。これを安いととらえるか、高いととらえるかは人によって違うでしょう。もちろん、年齢や役職、職場によって年収にはバラつきがあります。
そこで、職場別の平均年齢を見てみましょう。

病院

病院で働く薬剤師の年収は以下の通りです。

20代 300万
30代~40代 450万円

基本的に病院薬剤師の年収は低いと言われますが、それを証拠付ける結果となっています。年代が上がってもあまり収入は上がらず、早々に頭打ちになってしまうようです。 しかし、これは昇進がなかった場合の話。キャリアを重ねて昇進を果たせば、薬剤師主任で400万円~450万円、調剤部門長になれば550万円~600万円、薬剤部長ともなると700万円~800万円と収入アップしていきます。

調剤薬局

調剤薬局の収入も、役職によって大きく違いが出てきます。勤務先によって役職名は異なりますが、主な例を以下に挙げます。

主任 300万円~350万円
課長 380万円~420万円
部長 450万円~500万円
局長 550万円~650万円
本社管理職 700万円~1000万円

しっかりとキャリアアップしていけば、それ相応の収入が得られるようです。

パートや派遣の収入は?

薬剤師はパートや派遣で働く方が多い職種。正規雇用ではないので収入が見えづらい働き方ですが、一体パートや派遣の薬剤師はどれくらいの収入が得られるのでしょう?

【パートの場合】

パートとして勤務している薬剤師の平均年収は、80万円~150万円、中央値が60万円~100万円です。しかし、これはあくまで目安と考えてください。それぞれの家庭事情などで働く日数や時間が異なりますから、数値にばらつきがあるのです。

【派遣の場合】

一方、派遣として勤務している薬剤師の平均年収は、400万円~500万円、中央値が350万円~400万円です。1日8時間、週5で勤務したのなら、手取りで30万円を手にできるケースもあります。正社員を超える収入を得られるのは、薬剤師ならではの特権といえるでしょう。

※更に詳しく知りたい方はこちら

薬剤師が「夢の年収1000万」を実現する方法は?

年収1000万円は文字通り「ケタ違い」の収入です。薬剤師のあなたは夢のような話と考えるかもしれませんが、決してそんなことはありません。薬剤師は一般的に高給を望める国家資格所持者なのです。しかし、普通に働いていては1000万に届くことは難しいでしょう。以下に、夢を実現するための具体的な方法を紹介します。

地方の役職募集は「超」高収入?

平成18年に、薬剤師国家資格の取得条件が6年制大学卒業へと変更されました。これを機に、地方における薬剤師不足が従来以上に深刻となっています。この状況が「薬剤師の収入は、都市部より地方の方がずっと高い」という、他の職種では見られない状況を招いています。
六大都市を除く地方都市では慢性的な薬剤師不足となっています。喉から手が出るほど薬剤師がほしいという状況ですから、驚くような高額を提示して薬剤師を確保しているのです。特に、中小調剤薬局にその傾向が強いです。
具体的には、役職に付いていない一般薬剤師でも時給3000円以上や年収600~700万円といった好条件がみられます。一般でこの待遇ですから、薬局長や管理薬剤師ともなれば住宅手当など諸手当込みで年収1000万円以上に到達するケースも実際に存在するのです。
もし、あなたが地方への転居OK、六大都市居住で隣県への通勤がOKならば、大幅な収入アップが実現できます。調剤薬局やドラッグストアなら管理職の求人が豊富ですから、これを選択肢とするのも有効な手段です。
管理職にはマネジメントスキルが必要ですが、5年以上の勤務経験・実務経験があるなら狙い目といえます。「今の職場でがんばって、いつかは管理職に」と考えていた方なら、まかされる仕事内容や忙しさが変わらないまま大幅な年収アップができるということです。

治験や臨床開発の仕事に挑戦

RO(受託臨床試験実施機関)もしくはSMO(治験施設支援機関)業界も高年収が期待できる職場です。今まで調剤メインだった方にとっては馴染みがないかもしれませんが、社会貢献的な意味合いでもやりがいがあり、なおかつ高年収を期待できる仕事です。
仕事内容は、臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC)として、医療機関の臨床開発や、製薬会社が実施する新薬開発のサポートを行います。
気になる年収は、中小なら400万円程度、大手企業なら900万円ほどを提示しているケースもあります。大手というと競争率の高い「狭き門」と考えるかもしれませんが、決してそうではありません。現在、大手企業からの急募案件が多数見受けられ、興味があるならチャレンジしてみる価値があるでしょう。
薬剤師としてキャリアがあるなら責任あるポジションをまかされ、諸手当込みで1000万円を突破することも十分可能です。
これらの業界は、薬剤師の仕事としては認知が進んでいないこともあり、人手不足に悩んでいる職種です。だからこそ好条件の求人が多く、まさに「穴場」といえる業界です。高年収を狙うだけでなく、薬剤師としてキャリアや知見を広げたい、いろんなことにチャレンジしたい、という方にピッタリの仕事です。
※更に詳しく知りたい方はこちら

薬剤師の職場別のボーナス相場はいくら?

続いては、年収額に大きな影響を与えるボーナス(賞与)についてみていきましょう。ドラッグストアと病院、それぞれで働く薬剤師を例に挙げてみました。

ドラッグストア薬剤師のボーナス事情

年齢別のボーナス(賞与)と年収データは以下の通りです。

年収 年間賞与
20代 460万円 82万円
30代 550万円 96万円
40代 650万円 110万円

ドラッグストア薬剤師の平均年収は、薬剤師の平均より少し高めです。それは、OTC販売以外にも商品管理やレジ・接客対応、品出し、店舗清掃など業務の幅が広くいためです。
店長クラスになると管理職としての売り上げ管理や従業員管理の仕事もありますが、それだけ高額年収を手にすることができるようになります。
まず、ドラッグストア薬剤師の年収は薬剤師の平均より高めに設定されています。それを後押ししているのが年間賞与の高さでしょう。20代でも82万円、40代ともなると100万円をゆうに超えます。ドラッグストア薬剤師の収入が高いのは、OTC販売やレジ、品出しなど、業務の幅が広いためです。

病院薬剤師のボーナス事情

年齢別のボーナス(賞与)と年収データは以下の通りです。

年収 年間賞与
20代 420万円 72万円
30代 530万円 86万円
40代 620万円 104万円

病院薬剤師の平均給与は薬剤師の平均と同等か、少し低めです。ただ病院薬剤師は基本給が低めなのですが、夜勤手当などがつくため、総支給額は高めになります。病院薬剤師の基本給が低いのは、人手不足である医師や看護師の方が優遇される傾向にあるためです。
病院薬剤師の年収は、一般的な薬剤師より少し低めです。ボーナス額を見てみると、ドラッグストアとさほど変わりません。それでも年収額が低めということは、やはり月給額が低めに設定されていることが影響しているのでしょう。
病院に勤務すると高い収入を望むことは難しいですが、一方で医療の最前線で高いスキルを得ることができる、というメリットがあることを付け加えておきます。

薬剤師の資格やスキルについて

薬剤師が英語力を「フル」に活かせる職場とは?

日本のグローバル化が進むにつれ、スタッフに英語力を求める動きが加速しています。外資系企業に限らず、日本国内の企業でも英語力に優れた人材を募集しているのです。
特に、製薬企業ではその傾向が強いです。外国人社員が多い会社では、仕事や会話のほとんどが英語で行われることもあるのです。外資系企業では、同僚や上司がアメリカ人、というケースも普通です。そうなると留学や英語学校に行ったという経験だけでは不十分と判断している企業もあります。英作文能力や会話能力もネイティブスピーカーと同程度のレベルを求める企業も珍しくありません。
そして、それらの企業では薬剤師の力を必要としてます。英語のできる薬剤師は喉から手が出るほど欲しい存在なのです。英語力に自信のある薬剤師は挑戦してみてはいかがでしょうか。

※更に詳しく知りたい方はこちら

漢方薬・生薬認定薬剤師資格の役割と取得条件

漢方薬・生薬認定薬剤師の目的・役割

医療の現場において、漢方製剤の優れた効能や効果が見直されてきています。西洋医学をベースとして医師たちも、漢方薬を処方するケースが増えてきたようです。患者側としても、年配の方を中心に漢方薬を好む方が増え、最近では若い年代にも浸透しつつあります。
このような背景の中、「漢方薬・生薬認定薬剤師制度」が平成13年に発足しました。漢方薬・生薬に関する専門的知識を修得し、能力と適性を備えた薬剤師であることを認定する資格です。
患者さんが漢方薬・生薬を服用するときに、専門家として適切なアドバイスをすることが求められます。まさに時代のニーズに合った資格といえるでしょう。

漢方薬・生薬認定薬剤師 資格取得のために必要な条件

資格取得には、公益財団法人日本薬剤師研修センターおよび一般社団法人日本生薬学会により実施される、漢方薬・生薬研修会の受講を修了し、試験に合格する必要があります。
研修会は9回の講義研修(全45講演)と1回の薬用植物園実習(必修)からなり、座学、インターネット、ビデオ集合研修から選ぶことができます。遠方や多忙など時間の都合がつきにくい人にも受講しやすいシステムです。
研修会は原則として出席率80%以上が必要、もしくは薬用植物園実習レポートを提出しなければならないなど、試問受験資格などについて定められています。
研修会受講費は5~6万円(受講形態により異なる)です。また、「漢方薬・生薬認定薬剤師」認定証の発行を希望する薬剤師は、約2万円が別途必要です。また、受講時には薬剤師の資格が必須です。興味のある方はぜひ取得しておきたい資格です。

※更に詳しく知りたい方はこちら

日本薬剤師研修センターの各種認定制度について

日本薬剤師研修センターが行う代表的な種認定制度を挙げます。


・研修認定薬剤師
・漢方薬・生薬認定薬剤師制度
・認定実務実習指導薬剤師

なかでも、多くの薬剤師が目指しているのが研修認定薬剤師です。一定期間内に集合研修やe-ラーニング、gcp研修会などを受講して研修シールを集め、単位申請して研修認定薬剤師として認められると認定者名簿に掲載されます。薬剤師研修支援システムを使用すると、研修会の受講申込や受講履歴の管理などができるので便利です。なお、日本薬剤師会が行うjpalsとは別の制度です。

認定薬剤師とは

医療の世界は日進月歩です。技術は日々進化し、薬剤師に求められる業務もより高度になっています。薬剤師免許を取得しただけでは十分に対応できない可能性もあり、常に新しい知識を学んでいくことが求められるでしょう。
近年は研修会なども盛んに行われ、薬剤師が学ぶ場が多く作られていますが、学んだ実績のの「証拠」として役立つのが認定薬剤師の制度です。その取得方法や難易度はさまざまですが、認定薬剤師になるとその分野に特化したスキルを持つ薬剤師であることを示すことができます。医療従事者や患者さんからの信頼も高まり、キャリアアップにもつながるでしょう。

※認定制度について詳しく知りたい方はこちら

薬剤師で管理職を目指すために必要なこと

どんな職種でもそうですが、管理職クラスに就くのはキャリアアップの大きな指標となります。薬剤師も同様に、管理職を目指す方は多いはずです。そのために、認定薬剤師や専門薬剤師を目指す方も多く、それは実際に役に立つはずです。
医薬の世界は日々進化しており、薬剤師のスキルは薬剤師国家試験に合格するだけでは十分とは言えない時代です。薬剤師は常に新しい知識を身につけなければならず、これらの資格を取得するには一定の研修を受け、試験に合格しなければなりません。

現場以外で活躍する場があると昇進に有利

薬剤師が働く職場は病院、調剤薬局、ドラッグストアなど多岐にわたります。キャリアアップで管理職を目指すとすれば病院なら薬局長、調剤薬局は管理薬剤師、ドラッグストアは店長といったポストがあります。
最近は広いエリアでチェーン展開する調剤薬局やドラッグストアが増えています。各エリアにエリアマネージャー職を設けたり、会社の本部や本社で働くこともできるようです。こういった職場であれば、現場以外でも薬剤師が活躍できる環境が整っているといえるでしょう。新たなキャリアアップの道が開かれるかもしれません。

※更に詳しく知りたい方はこちら

管理薬剤師の職場別の平均年収について

ここでは、管理薬剤師の給与についてみていきましょう。

大手チェーン店系の調剤薬局やドラッグストア

管理薬剤師がもっとも忙しく働くのがこれらの職場です。残業代も含めて平均すると年に500万~600万円になります。地方などで管理薬剤師が不足している地域では、年収が800万円程度になる店舗もあります。高収入を狙い、キャリアアップも望むなら、これらの職場で管理薬剤師を狙ってみてはいかがでしょうか。研修が必要な場合もあるので、キャリアアップを望む人は積極的に研修や実習に参加しましょう。

小規模の保険薬局、医療機関の薬剤部

小規模の薬局は、大手チェーン系などと比較すると余裕を持って勤務することができます。個人薬局などでは経営者の方針により月給に大きな差が出ることもあり、年収も400万円台から700万円台と幅があります。経験により昇給しますが、頭打ちになることも多いです。
大手の薬局と比較すると営業時間が短いことが多く、残業になることはほとんどありません。

※更に詳しく知りたい方はこちら

管理薬剤師になるために必要な条件と資質

管理薬剤師には特別な資格はありませんが、チェーン店系の保険薬局などでは独自の研修を行うこともあります。これらのグループ研修や実習研修を受けるための資格は以下の3つがあげられます。

1,実務経験が最低3年以上あること
2,人間性の高さ
3,コミュニケーション能力や的確な業務能力

また、医療に関する知識の深さ、経営能力もます。目の前の仕事だけではなく、俯瞰的な視野を持つことが、管理薬剤師には求められるということですね。
一方で、研修制度がない個人薬局や小規模販売店では、何年か経験を積むことで自然と昇格することもあります。欠員があれば20代で管理薬剤師になる人もいますし、欠員がない場合はある程度の年齢になっても管理薬剤師になれないこともあります。

※管理薬剤師と一般の薬剤師の違いを知りたい方はこちら

2.薬剤師の職場別の特徴について

薬剤師とひとことで言っても、職場によって働き方や人間関係、求められるスキルもまったく異なります。 ここでは、それぞれ4つの職場の魅力や懸念点をお伝えします。 あなたにぴったりの職場がきっとあるはずです。

【徹底調査】病院で働く薬剤師はどんな仕事をするの?仕事の魅力

調剤業務

薬剤師のメイン業務といえば調剤業務。病院における調剤業務は大きく分けて二種類あります。

1,外来調剤:外来で訪れた患者に調剤する
2,入院調剤:入院患者の服用薬を調剤する

監査、疑義照会などを経て、ミスがないよう確実に調剤します。また、患者が薬を正しく服用できるよう指導を行います。患者からの質問にも正しく答える必要があります。基本的には調剤薬局と同様の調剤プロセスになりますが、入院患者を担当するのが病院薬剤師の特徴といえます。

注射薬混合調剤業務

病院薬剤師ならではの業務です。入院患者に投与する点滴や注射薬を混合します。がん患者に対する化学療法、重篤でない症状の入院患者の点滴などです。病院薬剤師にとっては必須の業務です。注射・点滴薬は、経口薬に比べて効果も強く、体に対する影響も大きいものです。
だからこそ責任が重く、失敗の許されない業務です。

製剤業務

薬をもとのままで使うのではなく、より効果を発揮するために病院内で調製する仕事です。
薬剤師の専門的な知識が必要とされる業務です。何よりも安全性を重視しながら、どれだけの有効性が期待されるか、様々な観点で調製する必要があります。

※更に詳しく知りたい方はこちら

病院薬剤師のメリット・デメリット

病院薬剤師のメリット

幅広い業務に携わる
病院薬剤師も一般の調剤薬局同様、調剤業務や服薬指導などを行います。しかし近年、病院薬剤師ならではの仕事が増えてきています。入院患者と身近に接する病棟業務、がん患者などへの注射調剤や注射剤投与、医薬情報管理を薬局より大規模かつシステマティックに行うDI業務など、病院薬剤師の業務は多岐にわたります。

チーム医療を実践できる
病院では、医師や看護師・作業療法士・理学療法士・管理栄養士などの様々な資格を持った職員が働いています。関連スタッフが協力して進めるチーム医療を経験できることは、病院薬剤師ならではの大きなメリットです。

病院薬剤師のデメリット

残業が多い、夜勤・休日出勤がある
病院薬剤師は、業務が立て込み残業となることも多く、勉強会も頻繁に行われています。就業時間が終わってもなかなか帰れないことも多く、病棟における夜勤や休日出勤もあります。土日休みではなく、4週間で8日の休みと規定されている施設が多いです。

※更に詳しく知りたい方はこちら

【徹底調査】ドラッグストアで働く薬剤師

病院薬剤師からドラッグストアに転職してキャリアアップする方法

病院でやりがいを持って働いているけれど、年収の低さがネック…。そんな悩みををお持ちの方にはドラッグストアへの転職をおすすめします。特に大手チェーンの平均年収は、薬局勤務よりも50~100万円程高くなります。福利厚生なども良く、景気がよければボーナスも多く支給されるでしょう。 一方で、把握しておきたいのがドラッグストア薬剤師の仕事内容。調剤薬局とは異なり、商品の品出しや商品管理がほとんどです。高収入を求めてドラッグストアに転職したものの、仕事が思ったより大変だったと辞めてしまう転職者も多いので、仕事内容について前もって確認することが大事です。面接の時点で仕事内容について人事担当者に確認したいところです。転職先の仕事内容や待遇については、自分が納得できるまで確認することが転職の鉄則です。 もう一つ、知っておきたいこととしては給与体系です。ドラッグストアで店長クラスの管理職に昇格すると、給与体系は成果主義に変わります。しっかり店舗の売り上げを伸ばして成果を出せば、年収800万円も狙えるでしょう。売り上げを伸ばしている大手チェーンのドラッグストアでは特に、年齢や勤務年数に関係なく実力主義で年収が上がります。マネジメントスキルやコミュニケーション能力に自信があるならば、おすすめと言えます。

※更に詳しく知りたい方はこちら

ドラッグストア薬剤師の主な仕事内容、福利厚生

OTC薬のみを扱うドラッグストアと、調剤室を併設するドラッグストアでは仕事内容が異なります。また、店舗や規模により、薬剤師が担当する仕事は様々です。
基本的に、調剤併設ドラッグストアの調剤業務は調剤薬局の仕事内容と同じです。
患者さんの処方せんに基づき調剤、監査を行い、患者さんに薬の説明をしてお渡します。一人ひとりの薬剤服用歴を記録し、医薬品の在庫管理や発注業務など、調剤室内の業務を行います。
店舗により、調剤室に専任することもあれば、調剤に関わることがほとんどないケースもあります。
カウンターではOTC販売全般を担当しますが、第一類医薬品は薬剤師のみが販売できます。レジ打ちを含めた業務で、お客さんの話をよく聞いて、わかりやすく説明するトークスキルが求められます。

ドラッグストア薬剤師は雑用が多いのか?

ドラッグストア勤務の薬剤師は雑用が多いというイメージがあると思いますが、それは店舗によって異なります。ドラッグストアでは薬剤師の資格を持っていないパートや学生アルバイトも働いているわけですから、薬剤師でも雑用が多いとは一概には言えません。
しかし、繁盛店となると薬剤師もレジ打ちや品出しなどの仕事に駆り出されるという状況もあるようです。
また、お客さんが手に取りやすいように商品を並べたり、POP作成やレイアウトの提案、在庫管理や発注業務を担当することもあるでしょう。
一般の小売店のように、お客さんのニーズに合わせた商品を提案する機会もあるでしょう。店舗内の医薬品以外の生活用品も、ある程度の理解が必要です。お客さんからの生きた情報を元に、流行の商品など幅広い商品に対応する力も求められます。

福利厚生について

福利厚生の面では、やはりスギ薬局などの大手ドラッグストアの薬剤師は充実しているようです。薬剤師の教育制度や研修制度も充実しており、「こんなに休んでいいの?」という声もよく聞かれます。それぞれの企業によって研修制度や手当、待遇に違いがあるので、事前の下調べもしておいたほうがいいでしょう。

ドラッグストア薬剤師のメリット

ドラッグストア薬剤師のメリットは、やはり給料面や待遇面で好条件という点でしょう。
業界大手のサンドラッグやスギ薬局の薬剤師などは年収650万円に達する求人も見られます。調剤薬局や病院よりも年収が高いということは明らかです。企業薬剤師でも経験ありでないと600万越えの求人を探すのは難しいです。いかにドラッグストアの収入が高いものか、おわかりいただけるかと思います。

ドラッグストア薬剤師のデメリット

ドラッグストア薬剤師はメリットだけではありません。デメリットとしてもっとも多く挙げられるポイントは、やはり「薬剤師としての仕事」が少ない、という点です。
品出し、接客、レジ業務…。薬剤師の資格とは関係のない仕事も行います。調剤薬局勤務の薬剤師が行うような調剤業務や服薬指導はもちろん、病院で行うDI業務、薬品管理業務など、薬剤師らしい業務に携わる機会は減ります。

※更に詳しく知りたい方はこちら

大手だけあって高待遇!マツモトキヨシの薬剤師

マツモトキヨシの薬剤師はしっかり休める

マツモトキヨシは関東を中心に全国676もの店舗を持つ最大手チェーンです。歴史も長い会社ですから、薬剤師が働く環境も整っています。 たとえば育短制度という勤務制度。これは、希望すれば子どもが小学校を卒業するまでは6時間労働にすることが可能というママ薬剤師にはうれしい制度です。それ以外にも、正社員でさえ勤務時間を5時間〜に設定することが可能という変形時間労働制を導入しています。年間の休暇は1年目で116日、2年目以降は121日以上としっかり確保されており、産前産後および育児休暇の取得率も100%と高いため、復職率も95%です。仕事とプライベートのメリハリをしっかり付けて働ける環境が整っているのです。

マツモトキヨシの薬剤師はパートでも高収入!

マツモトキヨシの勤務体系は、薬剤師職と総合職、そしてインターンという職種があり、薬剤師職で働く場合でも、正社員、契約社員、パート、アルバイトなど様々な雇用形態があります。
正社員の年収はおよそ460万円からですが、店長として店舗運営を任されると700万円の基本年俸に加え、会社の業績や個別の評価に応じた業績年俸が加算される仕組みになっています。契約社員は関東一円の希望勤務エリアを選んで働く地域密着型の勤務が特徴で、パート勤務であっても、時給2000円~という設定になっています。薬剤師の資格を持っていれば、様々な雇用形態で高収入が期待できます。

※更に詳しく知りたい方はこちら

【徹底調査】企業で働く薬剤師の職種別の仕事内容

薬剤師が働く場所は医療機関に限りません。新薬を開発する製薬企業をはじめ、一般企業も薬剤師が活躍できる職場です。そんな「企業薬剤師」はどんな仕事をし、どれくらいの収入を得ているのでしょうか。このページでは企業薬剤師の様々な職種を紹介し、それぞれの職種について具体的に説明していきます。

開発職の仕事

開発職とは、新しい薬を企画開発する仕事です。一般的に、臨床開発は薬を飲んだ際の効果や副作用を調べて研究解析します。 具体的な例では、ジェネリック医薬品を開発する業務が挙げられます。すでに特許期間が過ぎた薬を、後発品としてどのように効率的に製造するか、薬学のプロフェッショナルの視点から考えます。試薬を作り、評価するという一連の流れを繰り返し、ジェネリック医薬品として発売できるまで研究を続けています。一つの薬を発売するまでにおよそ5~10年位の年月を必要とします。
こうして集めたデータをもとに当局に申請し、販売戦略を決定するわけですから、研究過程の企画と構築の要素を満たす職種といえます。

学術の仕事

製薬会社の業務のひとつです。学術とは、MRへの薬学知識の研修や医療機関、医者、エンドユーザーからの薬に関する質問や疑問に関して答える仕事です。近年では各企業でも役割分担が盛んなため、薬に関する相談を受け付けるコールセンターは外注しているケースも増えてきています。そのため、社内の学術職はMRのトレーナー業務やCRA職などを兼任しているケースが多いです。また定期的に開催される学会運営職なども学術職が兼任している場合が多いようです。

企業内診療所の仕事

企業内診療所とは、大手企業などが持つ従業員専用の病院のことです。ここで働く薬剤師の仕事は大きく分けて3種類あります。本来の薬剤師の仕事である調剤業務、薬剤管理に加え、スタッフの健康管理につながるような啓もう活動です。
体調を崩して来所した社員に処方箋通りの薬を作り渡すだけでなく、病院内の薬剤の管理、体調を崩さないためのワンポイントアドバイスなども求められます。

※更に詳しく知りたい方はこちら

薬剤師が研究職に就くための条件

薬学部から研究職へ、大学はどこが有利?研究職の現実は?

研究職に関心を持つ高校生へのアドバイスがあります。もし、研究職に就きたいと考えているのならば、上位の国立大学、もしくは難関とされる私立大学を目指してください。医療や製薬の世界では、慣習的に出身校へのこだわりを示す企業が多いからです。
さらに、大学で何を学び、何を研究してきたのかを重視しますので、研究内容、教授と希望する業界との密接度合いも早い段階で情報収集しておくべきといえます。

博士号取得は必須項目なのか

研究職に就くためには、博士号の取得も必須です。そのため、先に触れたとおり上位の国立大学・難関とされる私立大学へ進むことが大切なのです。医療なのか、美容なのか、製薬なのかといった志望業界によって多少の違いはあっても、博士号は欠かせない条件となります。また、意外かもしれませんがコミュニケーション能力は決して軽視しないでください。なぜなら、研究は同僚や関係する組織の人たちとの密な連携なくしては成立しないからです。ディスカッションスキルも求められていることを意識してください。

研究職には表に見えない苦労も

調剤薬局やドラッグストアの薬剤師は、多くの人と触れあいながら職務を果たします。一方、研究職は研究室の中で行う仕事ですので、クセのある人の多い職場であれば心理的に苦労をすることがあります。また、成績を数値化することが難しいため、努力に対しての評価が正当でないと感じることもあります。会社の業績によっては、研究職以外への異動も珍しいことではありません。

※更に詳しく知りたい方はこちら

企業薬剤師のメリット・デメリット

企業薬剤師のメリット

・給与が高い!
最大のメリットは、やはり企業薬剤師ならではの収入の高さです。管理薬剤師やMRであれば年収1000万円も十分狙えます。開発職や研究職、治験コーディネーター(CRC)でも700万円以上から、という厚待遇です。これほどの高給をもらえるのは、企業薬剤師の特権でしょう。
しかも、製薬メーカーのほとんどは有名な大手企業。安定感も抜群で、地に足をつけて働くことができるでしょう。
・土日祝日が休める!
調剤薬局などは土曜営業が多いですし、ドラッグストアにいたっては年中無休。そんなかで、企業薬剤師は一般企業ですから土日祝日は休みとなります。 ・調剤が苦手でも働ける
薬剤師の中には、調剤業務が嫌いで患者との会話も苦手という方もいます。そういうタイプこそ、企業薬剤師に挑戦すべきです。研究職、開発職、DIなど、調剤とはまったく異なる仕事もありますし、自分が本当にやりたい仕事が見つかる可能性が高いでしょう。
・最新の知識が身につき、人間的成長ができる
製薬メーカーであれば、定期的に薬剤に関するセミナーなどを開催しているようです。また、社会人としてのビジネスマナーはもちろん、人間的な成長が促進される経験をどんどん積むことができるでしょう。
・福利厚生がしっかりしている
製薬会社は大手が多いですから、当然福利厚生もしっかりしています。女性であれば産休はもちろん、育休なども完備され、安心して出産、子育てもできるでしょう。その他、一般的な福利厚生は一通りカバーされているケースがほとんどです。

企業薬剤師のデメリット

・仕事が忙しい
利益を追求するのが企業ですから、当然ノルマが存在します。成果を上げなければ評価も下がってしまいますから、努力を重ねて仕事をこなしていく必要があるでしょう。当然、ある程度の残業は必要になるでしょう。
・出張がある
薬剤師が働く企業は主に製薬メーカー。全国に支店や営業所がありますから、その分出張、場合によっては転勤の可能性は否定できません。
2点のデメリットを紹介しましたが、「仕事が忙しい」に関しては、社会人であれば多少は仕方がないとも言えます。その分、やりがいを見いだせる仕事ですから、充実した毎日を送ることもできるでしょう。

※企業薬剤師についてさらに知りたい方はこちら

【徹底調査】薬剤師が理解すべき保険調剤薬局での仕事内容

保険調剤薬局の仕事内容

調剤ができる「調剤薬局」の中でも、処方箋を提出した場合に医薬品に医療保険が適用される薬局を「保険薬局」と呼びます。現在、ほとんどの調剤薬局が保険適用の保険薬局ですので、まとめて「保険調剤薬局」と呼ぶこともあります。
このような保険薬局や保険調剤薬局では、「調剤部門」と「事務(販売)部門」に分かれていることが多いです。事務部門のスタッフには特別な資格は必要ありませんが、医療事務や調剤報酬請求事務専門士の資格を持っているなら重宝されます。調剤部門のスタッフは薬剤師が担当します。保険薬局・保険調剤薬局にも管理薬剤師は1人以上常任している必要があります。
保険調剤薬局では、処方薬以外の一般医薬品も販売します。第一類医薬品を販売するときは薬剤師の服薬指導が必要ですが、第二類医薬品と第三類医薬品は登録販売者が販売しても問題ありません。

※保険調剤薬局での仕事の流れが知りたい方はこちら

調剤薬局の1人薬剤師について

通常、調剤薬局での仕事は複数人の薬剤師が調剤や監査、薬剤の在庫管理など一連の仕事を担当します。
しかし、患者の少ない個人薬局や、小規模の職場では、一日当たりの患者数が少ないため、薬剤師1人で上記業務をすべてこなす場合があります。 これだけ聞くとリスクが高く、「一人で全部やるなんてミスが怖い、、」と思うかもしれませんが、実は1人薬剤師にもメリットがあるのです。

※1人薬剤師で得られるメリットを知りたい方はこちら

3.薬剤師転職のお悩み解決と転職活動のコツ

薬剤師の転職年齢について

転職には様々な壁がありますが、「年齢の壁」も大きいといえるでしょう。薬剤師が転職しやすい仕事とはいえ、ある程度年齢を重ねているのであれば不安になるでしょう。この項目では、薬剤師の転職と年齢の関係について詳しく説明しています。気になる方はじっくり読んでください。

薬剤師が転職をする年齢は何歳がベスト?やはり20代?

公務員薬剤師の場合は…
公務員薬剤師には明確な年齢制限が存在します。国家公務員は29歳未満が多く、地方公務員は経験者(主任)であっても36歳未満です(東京都の場合)。公務員薬剤師を目指すのなら、公務員資格を取得するために必要な期間を見込んですぐにでも取り掛からなければなりません。年齢制限については自治体にもよって異なりますので、WEBサイトの募集情報をすぐにでもチェックしてください。
また、公務員は、試験に合格したからといってすぐに採用されるわけではありません。あくまでも「採用者候補名簿」に載り、欠員が出たときに補充されるというものです。突然の欠員によって募集が出されるケースも存在はしますが、ライバルが多いことに変わりはありません。これを見越して先手を打ち、欠員が出る前に採用者候補名簿に名前が載せられていることがベストです。

※更に詳しく知りたい方はこちら

薬剤師は30代の転職でも問題なし!30代の薬剤師転職事情

薬剤師の30代での転職は遅くない!

薬剤師として脂が乗ってきた30代。もう転職はできないかも、と考えている方もいるかもしれませんが、30代での転職ならまだ遅いということはありません。
たとえ未経験の職種でも転職できる可能性は十分にあります。調剤経験を積んでいる薬剤師だったら大幅なキャリアアップも期待できます。
30代の薬剤師の場合、今後のキャリアプランをしっかりと考えたうえで転職するようにしましょう。ほかにも、収入面、福利厚生などの待遇面、仕事のやりがいなど様々なことを考える必要があります。
ただ単に年収を上げたいからという理由で転職先を決めてしまうと、取り返しがつかなくなってしまう可能性もあります。
男性の場合、キャリアのステップして転職するのか、一生働く先として転職するのでは転職する意味合いも異なります。いずれにしても、30代での転職を失敗させないためには薬剤師専門の転職サイトに登録し、転職のプロであるコンサルタントに相談することをおすすめします。

※気になる職場別の平均年収やHOPおすすめの薬剤師転職サイトが知りたい方はこちら

女性薬剤師、40歳超えての転職は可能?

年齢制限は問われない!薬剤師なら40・50代からでも転職できる理由

40歳を超えてくると、女性と男性により転職のしやすさに差が出てきます。男性が転職しにくくなってくるのです。なぜなら、男性の場合は役職や年収それなりの待遇を用意しなければならない場合が多く、雇用側としても雇い点が挙げられます。
一方で、女性の場合のほとんどがパートや非正規雇用でもよいという考え方の方が多く、年齢が上がっても雇いやすいと言えます。
また、40〜50代は出産や育児でブランクがあって社会復帰しようという女性も多く、受け入れるところも多いようです。
薬剤師という職種においての転職では、年齢に関係はありません。
40歳でも50歳でも、資格を持ってさえすれば、転職に困る事は少ないでしょう。薬剤師が不足している地域では、50代はもちろん、それ以上でも転職している例があるので、年齢のせいで転職をあきらめるには早いです。40・50代でも、経験やスキルがあれば、待遇がよい職場を見つけることは可能です。また、ブランクがあっても、支援制度を活用したり、自分に合った働き方を選ぶことで転職を成功させることができます。
では、年齢に不安のある薬剤師が転職できる職場を紹介していきましょう。

調剤薬局へ転職

40〜50代の転職で目立つのは病院から調剤薬局への転職です。激務に耐えかねて、ある程度自分のペースで働ける調剤薬局にシフトしようという方が多いようです。
調剤薬局は安定した職場ですし、特に40歳を超えた女性が多く働いています。仕事と家庭を両立する上では働きやすい調剤薬局ですが、昇給制度が乏しい職場柄キャリアアップを目指す薬剤師には適していないのが現状です。しかし、それを犠牲にしてでも勤務時間に融通が利く点は魅力です。家庭を持つ40代女性が多く活躍しています。

ドラッグストアへ転職

ドラッグストアの仕事は、経験がなかったとしてもすぐに慣れることができるでしょう。
たとえばお客様への薬の販売、説明や製薬会社が営業で持って来た医薬品・サプリメントにサンプルをつけることなど、店舗業務が主な仕事です。本来の業務である薬の相談は、成分・値段などを見て、お客様におすすめを伝えることなどです。調剤経験に自信がない薬剤師なら、ドラッグストアへの転職を真剣に考えてみてください。募集は比較的多いですから、それほど狭き門ではありません。

※更に詳しく知りたい方はこちらから

50代の薬剤師が転職できるのか

50代の転職では「経験」が最大の武器になる

結論から言いますと、調剤が未経験の薬剤師の場合、50代からの転職はかなり厳しいと考えてください。一方で、調剤経験があるなら50代といえど転職は不可能ではありません。職場によっては管理薬剤師などの管理職として迎えられることもあり、キャリアアップや年収アップも十分に狙えます。 とはいえ、若い薬剤師に比べると不利になる点が多いのも事実です。しっかりと対策を練って転職に臨む必要がありますので、以下にの転職のポイントを3つ紹介します。

1.経験を明確にし、アピールする
50代の薬剤師が若い薬剤師に勝てるものは、ずばり「経験」です。「場数」といってもいいでしょう。対人スキル、処方スキル、コミュニケーション能力、さらには人生経験という意味でも頼りになるのが50代の強みです。これを武器にし、うまくアピールすることで内定をグッと引き寄せることができるでしょう。
自分が今まで「何年間、何を経験したのか」「それを活かして新職場でどう貢献できるのか」これを明確にし、アピールしましょう。それを生かして即戦力として活躍できる職場であればなおさら有利です。
2.強いモチベーションを持つ
転職にはエネルギーが必要です。50代であればなおさらです。転職活動がうまくいかなくても粘り強く努力を重ねてください。苦境を乗り越えれば新天地が待っているわけですから、強いモチベーションを持って乗り切りたいところです。若い人には負けない、という気持ちが大事です。
3. 50代を欲しがっている求人を見つける
これがもっとも現実的な方法でしょう。まずは50代の経験豊富な薬剤師を探している求人を見つけるのが一番の近道です。しかし、それに該当する求人はあまり表には出てきません。それらの求人を見つけるには、薬キャリへの登録を特にお勧めします。

※さらに詳しく知りたい方はこちら

薬剤師の雇用形態(正社員・パート・派遣)について

薬剤師の新常識!正社員よりパートで働くべき理由を徹底検証!

家庭や子育てを重視したいママ薬剤師にとって、パート・派遣という働き方はベストといえます。その理由は、希望の勤務時間で働くことができる、という点に尽きます。詳しく説明していきます。

パートなら「週に3日だけ!」「午前中だけ!」が通用する

正社員であれば、月曜日から土曜日まで、朝から晩まで働き詰めになります。しかしパートであれば、自分のライフスタイルや事情に合わせた勤務が可能になります。たとえば、子供の送り迎えに合わせて10時〜16時まで勤務したり、週3日だけ働いたり、といった「わがまま」が通用するのです。もちろん、希望すれば長時間働くことは可能ですし、週5勤務も可能です。自身のワークライフバランスや家庭の状況に合わせて働き方が決められるのです。 しかし、「本当にそんな都合の良い働き方ができるの?」という疑問もあるでしょう。もちろん雇う側にもよりますが、基本的には可能です。なぜなら、企業にとって薬剤師は「喉から手が出るほど欲しい存在」だからです。薬剤師の確保は企業にとっての死活問題なのです。確保のためには求職者側の希望に対して寛容でなければならないからです。まさに「売り手市場」といえますね。

「パート薬剤師」は家族を大事にした働き方

パートなら家族との時間が多く持てますし、プライベートの時間を確保できます。「まずは家族ありき」そんなママ薬剤師の想いを実現できるのがパートという働き方です。
やはり、正社員で働いていると、日中はもちろん、残業もありますから「仕事ありき」の生活になってしまいます。一方で、パートという働き方を選択すれば、「家族ありき」「自分ありき」の生活が実現できます。

ブランク明けに正社員として働きたいという方へ

出産などのブランクから「正社員」として復職したいという方は、技術を磨きたい、今後も薬剤師として働き続けたい、などの理由があると思います。それももちろん素敵なことですが、今現在は「家族を優先したい」という気持ちがあるのも事実ではないでしょうか? 薬剤師は、企業にとってなくてはならない存在です。地域にもよりますが引っ張りだこの存在なので、数年後、子供が手離れしてから正社員として就職することも十分可能です。これは薬剤師ならではの特権です。
子供が小さいうちは、パートとして「家族ありき」のスタンスで働き、子供との時間も大事にする…。パートなら、そんな生活が実現できます。子供が大きくなったら、ゆっくりと正社員として転職すればいいのです。
さらに、勤務時間が短いため、「短時間で業務をこなす、生産性の高い働き方」を身につけることも

パート薬剤師に転職!メリット・デメリット

パート薬剤師のメリット

薬剤師がパートで働くケースでの最大のメリットは、まず給与。専門的な資格をいかした職種ですから、やはり飲食やスーパーのレジなどの一般的なアルバイトと比べ、時給が圧倒的に高額です。
例を挙げると、このところ薬剤師の求人募集が増加傾向にある横浜市営地下鉄ブルーライン沿線。この周辺における薬剤師時給は低くても1900円。高額なところだと3000円を提示しているケースもあります。驚くほどの高給といえるでしょう。
人口が多い、あるいは近年増えている街なら薬剤師需要も当然高いので、そのぶん薬剤師の価値も上がっているのでしょう。
大都市以外の地方なら、人口あたりの薬剤師が不足しており「薬剤師としての価値」も当然高いものです。そのため時給の相場が高騰して、4000円以上や6000円以上の金額すら見受けられる地域もあります。

パート薬剤師のデメリット

安定性の問題
パートには、メリットだけでなくデメリットもあります。一点目に挙げられるのは、雇用契約自体の問題。パートは立場上、正社員ほどの安定性がないため、解雇の対象になりやすいのです。雇用先の状況次第で真っ先に解雇の対象となります。場合によっては、長期希望でも望みのかなわないケースがあるのです。

パートを募集していない医療機関もある
安定した勤務先を求めて病院を選びたいと考えても、パート募集をしていないケースが大半です。新卒対象の正職員求人がほとんどのため、パート薬剤師にとっては狭き門です。加えてパートは職務経歴として認識されないことが多いため、いざ正社員として転職を目指す場合には不利に。基本的にボーナスや退職金がないのもデメリットです。

ママ薬剤師で子育てしながらでも、正社員&時短勤務で働ける職場

大手の薬局、ドラッグストアは時短勤務への理解がある

薬剤師は、女性が結婚・出産後も用意に復職できることで有名です。景気にもあまり左右されず、日本全国どこでも働く場があり、パートや派遣という雇用形態の多さも特徴です。
女性が働きやすい環境がそろっているのが薬剤師という職種なのです。ママ薬剤師として家事や育児と仕事を両立させながら活躍している方も多いようです。

もし、正社員としての勤務を望むなら、結婚・出産後もできるだけ辞めないで時短勤務制度をどんどん活用することをおすすめします。正社員勤務の方が福利厚生制度を利用でき、待遇が良くボーナスもあるためです。正社員なら、パートや派遣に比べて圧倒的に有利な条件で働けるのが魅力です。 会社側としても、時間短縮勤務制度を利用して長く働いてほしいと望んでいるはずです。以前に働いていた職場に復帰したいという気持ちがあるのなら、正社員の方が安定した収入を確保できるので長い目で見ると得をするでしょう。

一方で、注意したいポイントもあります。企業には育休・産休や時短勤務を認めることが義務付けられてはいるものの、ママ薬剤師の時短勤務を受けいれようとしない企業が多くあるの事実です。前職との折り合いがつかず、そのまま復職をあきらめてしまうママ薬剤師も多くいます。このようなケースは中小の薬局に多く見受けられます。

これに対し、大手のチェーンの薬局では時短勤務や育休を認めているケースがほとんどです。中小薬局だとしても、「復帰しやすいから」という理由で休職前と同じ職場が良いというママ薬剤師もいますが、実は思い切って別の職場に復帰した方が良いというケースもあります。 薬剤師専門の転職サイトでは、職場の地域や勤務形態まで指定して求人を探すことができます。一度あなたの希望条件にあった求人がないか見てみてはいかがでしょうか。

復職希望のママ薬剤師が研修充実の職場を見つける方法

研修が充実している企業を見極めるには?

ブランクが明け、復職する時に心配なのが「仕事について行けるか」という点でしょう。しかし、すべての企業がその不安を解消すべく研修制度を整えているわけではありません。人手不足で多忙を極め、教育に費やしている時間と人手がない。そもそも即戦力を募集しているので研修を行う予定はないなど、企業のスタンスは様々です。
また、求人内容に「研修制度あり」と明記されていても、上司から簡単なレクチャーがある程度で研修とする企業もあります。また、短期間に知識を詰め込めるだけ詰むスタイルの企業も存在します。つまり、研修の有無と同時に「研修の内容をしっかり見極める」ことが重要なのです。
とは言っても、個人でそこまで調べるのは限界がありますよね。そこでおすすめなのが「薬剤師専門の転職サイト」に登録して専属のエージェントに頼ることです。転職エージェントは、求人内容に書いていないことでも把握していますから、研修の有無、研修の内容についても当然知っています。応募する企業について知りたいことがあったら、代わりに質問してもらうこともできるのです。

※さらに詳しく知りたい方はこちら

ブランク薬剤師必見!職場復帰を成功させる方法

長いブランク期間が不安で復職できないという薬剤師は多いものです。薬剤の専門知識も忘れてしまったり、新薬の動向についていけていないために、復職への一歩を踏み出せない…それは当然の感情です。
しかし、今までにも多くのママ薬剤師が出産、子育て後に、もう一度働きたいと思い職場復帰しています。一体どのようにして復職を成功させたのでしょうか?復職をする時、特に気を付けたいポイントをご紹介します。

ママ薬剤師のいる職場に復職する

復職先を選ぶ時のひとつめのポイントは、「ママ薬剤師のいる職場に復職する」ことです。
ママ薬剤師のいる職場といない職場では、子どもの事情への配慮が大きく違うのです。
たとえば、子どもを託児所に預けているママ薬剤師は、子どもが急に熱を出した時、仕事を休むのも一苦労です。薬剤師の人数不足や他の薬剤師のシフトの関係があり、休むことができないかもしれません。
しかし、ママ薬剤師のいる職場の場合、周囲のスタッフも子育ての経験があるので、皆で「ママ薬剤師をサポートしよう!」という雰囲気があり、休みもとりやすいのです。
また、「ママ薬剤師」という共通点がありますから、業務でもプライベートでも頼もしい存在になってくれるでしょう。ブランク明けで不安な点も相談できます。最近の薬剤師転職サイトでは、ママ薬剤師向けの求人情報も公開されているので、ぜひ一度チェックすることをおすすめします。

復帰のカギは「研修」にあり!

ブランクのある薬剤師が職場復帰する際、最大の心配ごとは「現場に立てる知識・自信がない」ことでしょう。それをカバーするために猛勉強を覚悟したものの、何から手をつけていいかわからない、効率的な勉強方法もわからない、と悩んでいるママ薬剤師も多いはず。手当たり次第にテキストを買っても効率が良いはずありません。
薬剤師は、単に医薬品の知識だけでなく、診療報酬改定や医療を取り巻く情勢の変化にいたるまで勉強しなければなりません。結論から言うと、独学では限界があるのです。そこで注目したいのが、企業が行う「研修制度」です。
企業にとって薬剤師の確保は重要課題。研修制度をしっかり整えることで、ママ薬剤師の復帰を手助けしているのです。新卒とは異なる、ブランクのある薬剤師向けのカリキュラムが用意されており、長いブランクのある薬剤師も安心です。そこでしっかり勉強できますから、ブランクを克服できるのにそう時間はかかりません。

薬剤師の転職サイトと特殊な求人情報について

薬剤師の転職を専門に支援する薬剤師転職サイトは、薬剤師が転職をする際に、とても頼りになるます。初めて転職する方の中には「どの転職サイトを利用しても結局同じなのでは?」と考える方も多いのではないでしょうか。実は各社によって、求人数はもちろん、得意とする職種や対応地域、サービス内容、利用者満足度も大きく違ってきます。 この項目では、人気の薬剤師転職サイトのサービスを比較、実際に各社のサービスを利用し、転職を経験した薬剤師の口コミも掲載しています。転職を考えている薬剤師の方は是非チェックし、転職成功のため役立てましょう。

薬剤師の特殊な求人情報

転職サイト情報

今すぐ転職は考えてない人でも転職サイトには登録しておくべき!

「転職サイトは今すぐ転職したい人が登録するもの」だと思っていませんか?

その認識は間違いです!

なぜなら転職サイトに登録する際に、転職したい時期を「よい求人があればいつでも」と入力することも可能だからです。
転職サイトは登録者が転職すると紹介先から報酬を受け取る仕組みなので、まだ転職を決断していない薬剤師には優先的に好条件の求人を紹介します。

今はまだ転職を考えていなくても、このように登録しておけば、思ってもみなかった好条件求人を紹介してもらえるかもしれませんよ。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • 10万人以上の薬剤師が登録
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 薬剤師利用者満足4年連続NO.1
  • コンサルタントの質がとにかく高い
  • 一日の処方箋枚数在籍薬剤師人数まで求人情報に掲載

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる

薬剤師の転職 の記事一覧

【驚愕】クラシスのヤクジョブ利用者からの評判!?満足度96.3%の理由

こんにちは!HOP!のヨナスケです。今回は薬剤師の転職支援サイト「ヤクジョブ」を運営しているクラシス株式会社に訪問取材をしてきました!お話を伺ったのは薬剤師事業部の東谷さん。求職者の立場に立った手厚い

続きを見る

【体験談】薬剤師の不安な転職事情。職場選びの大事なポイント3つ

1.薬剤師が転職で押さえたいポイント 転職というと高年収・高待遇といった点に目が行きがちですが、ちょっと待って下さい。それだけで職場を選んでしまうと、のちのち必ず後悔します。ここでは、転

続きを見る

信頼できる薬剤師求人サイトの正しい判断基準と比較|有効活用の方法

1.信頼できる薬剤師求人サイトの比較・ランキングの見分け方 誰が、誰に向けて書いているのかが明確か? インターネットで検索すると、「おすすめ薬剤師求人サイトランキング」などのサイトを見かけることが

続きを見る

薬剤師の仕事18種類を徹底的に調べてみた!驚きの仕事内容も!

1.薬剤師の仕事内容とは? 生涯安定!薬剤師ってこんな仕事 薬剤師は国家資格ということもあり、一度免許を取ってしまえば一生安泰ともいわれる職業です。また医療現場では薬剤師はが足りておらず、売り手市

続きを見る

薬剤師の失敗しない求人探し方法と事前確認すべき重要なポイント2つ

1.薬剤師の求人数はどのくらいあるの? 薬剤師の有効求人倍率は圧倒的な数字に! 薬剤師の求人が多いのは、感覚的なものではなくデータが示しています。一人あたりの求人数を表す「有効求人倍率」をご覧くだ

続きを見る

【東京の薬剤師求人の選び方】求人サイトを見る前に知って欲しいこと

1.いきなり求人サイトで東京の求人を探すのは間違い!? 東京の薬剤師求人を探すときに、求人サイトをひたすら眺めていませんか? 求人サイトを見ると、東京の薬剤師求人は本当にたくさんありますよね。

続きを見る

薬剤師新卒の就職は求人・転職サイトを活用!?面接対策に履歴書対策

1.新卒薬剤師になれるのかなぁ...周りが内定をもらっていて不安... 新卒で薬剤師になろうとする薬学生は本当に大変ですよね。 実習や国家試験の対策と並行して、就職活動をすすめ

続きを見る

【警告】実は薬剤師転職サイトには複数登録しないと超危険!

複数登録のメリット1.嫌な担当者に当たってもすぐに変更できる 薬剤師転職サイトに登録すると、登録者一人ひとりに専任のキャリアコンサルタント(転職エージェントとも言う)が付きます。 キャリアコン

続きを見る

食を通じて健康を支える仕事! 薬剤師が食品メーカーで実現できること

1.食品メーカーが求める薬剤師の役割 人の健康は、口にするものから生まれます。消費者のニーズもそれを反映したものにシフトし、「安ければいい」から「多少高くても質の良いもの・機能性の高いもの」へと

続きを見る

薬剤師は「人を育てる」講師にもなれる!その仕事内容と現実に迫る

1.薬剤師が講師になるって何を教えるの? 薬剤師が講師として求められている学校は予備校や塾です。「薬剤師の国家試験に向けた予備校」「美容師専門学校」「薬学部志望者向け進学塾」がそれに該当します。

続きを見る

薬剤師が契約社員として働くということ

1.契約社員と派遣社員、パート・アルバイトの違いは? 求人誌や求人サイトで目にする、契約社員、パートなどの雇用形態。これらの働き方にはどのような違いがあるのでしょうか。まずはこの点を理解しておきまし

続きを見る

【ヤクステ取材】薬剤師が転職サイトを使うメリットをエージェントに聞いてみた

1,薬剤師が転職をするとき、エージェントを使うメリットは? 今回インタビューした「ヤクステ」エージェントさま 綱島 真央さま 濱野 雄輝さま 年齢や育っ

続きを見る

ヘルスケアアドバイザーとは?業務内容や年収、資格取得方法について

1,ヘルスケアアドバイザーとは 日本チェーンドラッグストア協会が主催・実施する認定資格が『ヘルスケアアドバイザー』の資格です。同協会が認定試験を実施している資格は、『ヘルスケアアドバイザー』以外

続きを見る

認定実務実習指導薬剤師とは?業務内容や年収、必要な資格について

1,認定実務実習指導薬剤師の業務内容 公益社団法人日本薬剤師研修センター(JPEC)が2005年から実施・認定している資格制度が『認定実務実習指導薬剤師』です。各薬剤師研修施設に少なくとも1名以

続きを見る

毒物劇物取扱責任者とは?業務内容や年収、必要な資格について

1,毒物劇物取扱責任者とは 毒物や劇物の製造業者・販売業者、輸入業者などは、施設ごとに『毒物劇物取扱責任者』を配置し、それらの危険物が適性に取り扱われるように管理させる必要があります。常に適性に

続きを見る